最も賢くお得にマイホームを建てる方法を教えます

ローコスト住宅最も賢くお得に家を建てる方法
初心者
初心者
少しでも安く、そして性能の良い家、かっこいい家を建てる為にはどうすれば良いのだろうか…?

こんな悩みをお抱えの方に、本ページでは「最も賢くお得にマイホームを建てる方法」をお教えます。

マイホームは一生に一度の買い物。絶対に失敗しない為にするべき事

マイホームは一生に一度の買い物ですから、失敗・後悔したくないと考えるのは当然の事です。そして数千万円もの大金を支払う訳ですから、出来るだけ「お得に」、価格も「安く」購入したいと考えるのも当然の事だと思います。

住宅に限らず、高価なものを購入する際は「どのメーカーの製品が優秀か」「実際の口コミはどうか」などを調べる方も多い筈。でも「マイホーム」になると知らない事だらけだから担当の営業マンに言われるがままに話を進めてしまう…という人も多いようです。それではマイホーム購入で失敗してしまう方が多いというのも納得ですよね。

特に注文住宅というものには「定価」という概念が存在しないので、似たような性能や外観の家でも数百万円単位の価格差がある事も珍しい事ではありません。あとでそれを知り「向こうの方が安かったのに…失敗した」と考える人が本当に多いのがマイホームで失敗した人達の実情のようです。

同じような失敗をしない為に必要な事は、事前に多くの候補のカタログを取り寄せてしっかりと比較検討を行う事です。事前にある程度の知識を身に付けておけば、マイホームの「相場感」が養われますし、値引き交渉を行う際にもきっと役に立ちます。マイホームを少しでもお得に安く購入する為には、複数の会社から無料カタログを取り寄せ、比較検討を行う事。これが一番の近道と心得て下さい!

最もお得に安くマイホームを購入する方法とは?

マイホームを少しでも安く購入する為には無料カタログを取り寄せ、複数のハウスメーカーでしっかりと比較検討を行う事が大事という事を話しましたが、実はそれはあくまで前提条件、実は「もっとお得でもっと安くマイホームを購入出来る」かもしれない方法があります。

それは優秀な地元の工務店も候補に含める事です。

初心者
初心者
えっ…?大手ハウスメーカーよりも地元の工務店の方が安くてお得に家を建てる事が出来るの?

…と、意外に感じる方も多いかもしれません。大手ハウスメーカーの方が洗練されたデザインのかっこいい家を建てられると考えられている方が多いかもしれませんが、実はそんな事はありません。その理由もしっかりと順を追って説明するので、どうぞ最後までご一読下さい。

何故、少しでもお得に安く家を購入する為には「工務店」がオススメなのか。3つのポイントで説明します。

宣伝広告費が掛かっていないので価格を抑える事が出来る

工務店値下げ

そもそも大手ハウスメーカーはテレビCMを始めとした莫大な宣伝広告費が価格に上乗せされています。テレビCMをバンバン放送していて、認知度の高いハウスメーカーほどそれが顕著です。また総合住宅展示場などに出展しているモデルハウスは維持費が年間数千万円単位で掛かる場合が多く、その費用も価格に上乗せされていると考えた方が良いでしょう。

つまり、テレビCMや全国に数多くモデルハウスを展開しているような認知度の高いハウスメーカーは、それだけ価格が「割高」になる可能性がある訳ですね。

また大手ハウスメーカーでは多くの人員を抱えているので、必然と人件費が多く掛かっています。経理部や人事部など、家に直接は関係のない人件費まで価格に上乗せされていると考えた方が良いでしょう。

それに比べて地場工務店は基本少人数。工務店の社長は経理から人事から資材の仕入れ値の事まで、全ての事に目を通しており、どの位の予算でどの位の家を建てられるのかをしっかりと把握しています。これはハウスメーカーには無い強みで、一緒に理想のマイホームを建てる為に何が出来るのか、何を削るべきなのかを親身になって教えてくれますし、施工においても融通が利き易いです。

大手ハウスメーカーと契約しても実際組み立てるのは地元工務店が多い

工務店職人

大手ハウスメーカーで契約をしたとしても、実際に建築工事を請け負うのは地元の工務店が組み立てるというケースが多いです。つまり施工技術自体は工務店で建てても同じという事。当然、似たような性能や見た目のかっこいい家も最初から地元工務店にお願いした方が2割は安く建てられるのではないでしょうか。

大手ハウスメーカーと契約した場合、当然そこには大手ハスウメーカーの利益が確保されていますし、前述の通り「広告費」も価格に上乗せされています。それだったら、初めから下請け依頼ではなく地場工務店と直接契約した方が「安くお得に家を建てられる」というのは自明の理。同じ施工技術があるなら、大手ハスウメーカーにわざわざ高いお金を支払って依頼をする必要はありませんよね。

地域密着型の工務店だから、その地域の信用で成り立っている

地域密着型工務店

そして地元の工務店をオススメする一番の理由がこれです。「地域密着型の工務店は、昔からその地域の信用で成り立っている」ので信頼出来るのが大きなメリットとして考える事が出来ます。

地元の工務店は下手な仕事をしていたら、その地域の信用を失ってしまいます。昔から地域密着で多くの住まいを手掛けて来たという事実。地元の人々から「あの工務店に任せておけば大丈夫」と信頼されているところなら、尚更安心出来るでしょう。

大手ハウスメーカーの場合、例えば他県の全く知らない下請け業者が施工に来る場合があります。当然、仕事に情熱を持っていない業者にあたってしまうケースもありますから、雑な仕事をされてしまわないか不安になってしまいます。時には無責任な施工を行うケースも見受けられます。

もし、地元の工務店がそんな無責任な施工をしていたら、きっと地元の人々から愛想を尽かされてしまうでしょう。住宅を建て終わった後は、どんな大手ハウスメーカーや工務店でも多少の不具合などは出てしまいます。でも、すぐ近くの工務店なら、すぐに相談にも行けますし、工務店も信用を損ねないように早めに対処してくれるでしょう。地元密着型で昔から地元の人々に信頼されて来た地元の工務店で契約する事こそが、マイホームで欠陥住宅などを防ぐ一番の方法かもしれません。

優秀な地元の工務店を探す為には?

では優秀な地場工務店と探す為にはどうするのが一番良いでしょうか。当サイトがおすすめするのは不動産サイト「SUUMO注文住宅」の一括カタログサービスを利用する方法です。

「SUUMO注文住宅」をオススメする理由

・超大手サイトなので安心
「SUUMO注文住宅」は東証一部上場企業の(株)リクルートが運営する不動産ポータルサイトです。求人情報の「インディード」や住まい探しの「SUUMO」など、数多くの検索サイトを運営している超有名企業です。マイホームのカタログ請求サービスは個人情報を記入する事になるので、「SUUMO注文住宅」のような有名企業の方が安心出来ますよね。
・登録している工務店が多い
「SUUMO注文住宅」は有名な大手不動産サイトなので認知度も高いです。利用する人が多いので、登録しているハウスメーカーや工務店も多いのが大きな特徴。特に少しでもお得に安くマイホームを建てたいと考えるなら、比較検討は絶対条件。なので「SUUMO注文住宅」なら1回の手続きで候補の工務店を幾つも検索し、カタログを全て無料で取り寄せる事が出来ます。
・簡単検索・手続きでとても使い易い
「SUUMO注文住宅」では「家を建てたいエリア」を選ぶだけで候補の地元工務店を検索する事が出来ます。勿論「SUUMO注文住宅」は大手不動産サイトで審査基準が厳しいので、優良な工務店が候補に並ぶ形になるので安心です。手続きも操作も簡単なので、とても使い易いのもオススメポイントです。
初心者
初心者
これは便利そう。実際にやってみよう

SUUMO注文住宅で一括カタログ請求を行う手順

SUUMO注文住宅 カタログ請求

「SUUMO注文住宅」は全国の地場工務店を網羅しているので簡単に家を建てたいエリアの優良な工務店を探す事が出来ます。

STEP1≫家を建てたいエリアを選ぶ

家を建てる予定の「都道府県」を選んだら「市区町村」を選ぶだけで候補の工務店が最大30社までズラリと並びます。

SUUMO カタログ請求手順1
SUUMO カタログ請求手順2

※東京都新宿区で検索した場合、これだけの工務店が候補に挙がります

STEP2≫カタログが欲しい工務店を選ぶ

次はカタログが欲しい工務店を選んで「カタログをまとめて簡単請求」のボタンをクリック。

カタログは1社につき3冊まで、1回につき最大30冊まで取り寄せる事が出来ます。勿論すべて無料で利用出来るので安心です。

CHECKPOINT
※「SUUMO注文住宅」では、選んだ都道府県の優良工務店が沢山登録されているので、候補にあがった地元工務店全部のカタログを貰っておくのをオススメします。もちろん興味のない工務店は削ってしまっても良いですが、比較対象は多ければ多いほど、マイホームのイメージが湧いたり、工務店の特徴や価格を比較することによって、後から失敗したと感じてしまう確率を減らす事が出来ます。

STEP3≫必要事項を入力する

最後に必要事項を入力するフォームです。カタログの受け取り先住所やマイホームを検討している簡単な内容を記入します。入力フォームには「必須」の項目と「任意」の項目があります。

SUUMO カタログ請求手順3
入力フォーム
・お名前:必須
・郵便番号:必須
・ご住所:必須
・メールアドレス:必須
・電話番号:必須
・年齢:任意
・建築予定地:任意
・SUUMOメルマガの有無:任意
SUUMO カタログ請求手順4
建築のご予定など
・建築予定時期:任意
・建築予算:任意
・建築内容:任意
・現在の状況:任意
・その他要望:任意

上記の必要事項に記入すればカタログお取り寄せの手続きは終了です。所要時間は3分程度で終わります。この手続きだけで優良な地場工務店から続々とカタログが届くので楽チンです。勿論、すべてが無料なので安心して利用する事が出来ます。

カタログ取り寄せすると営業電話がしつこい?

工務店へのカタログ請求を行うと、営業電話がしつこく掛かって来ると思われている方も多いかもしれませんね。

電話が苦手
電話が苦手
あまり営業電話が掛かって来るのはちょっと…

とお考えの方も多いとは思います。工務店側もカタログを送るだけで全く営業しない訳にはいかないので、基本的には営業電話が掛かって来る事もあります。ですが「電話が苦手」「まだその段階ではないよ」という方は予め、「建築のご予定」にある「その他要望」の自由記入欄に「メールでの連絡希望」や、「電話営業は控えて下さい」と記入しておくようにしましょう。

SUUMO カタログ請求手順6

具体的にもっと工務店さんと話を聞きたかったり、土地や建物についての相談や提案を受けたい段階の人は積極的に電話や打ち合わせをすればOK!

※既に商談中でも…まだ間に合います!!
既に別のハスウメーカーや工務店と商談を進めてしまっている方や、住宅展示場へ足を運んでしまった方でも、本契約前だったら「数百万円お得に家を建てる事が可能かもしれません」。もしまだ本契約前でしたら、一度地場工務店とも比較検討を行ってみて下さい!例え担当の営業マンに「他所と比較しなくても最大限サービスします」と言われたとしても、遠慮せずに地場工務店とも比較を行うようにしましょう!

実際にカタログ一括請求サービスを利用してみた

ローコスト住宅 カタログ請求

実際にカタログ一括請求サービスを利用すると、大体1週間くらいで上記画像のように色々なハウスメーカーからカタログが届きます。手続きは簡単ですし、何より楽チンで良いですね。

「よし、家を建てよう」と思って最初に候補に考えるのはテレビCMなどで有名な大手ハウスメーカーの事ですよね。上記のように最初に大手ハウスメーカーからカタログを取り寄せたら、次は「どうやってお得にマイホームを建てるか」を考えるべきです。

地元工務店の良いところは、何と言っても「価格が安い」「融通が利く」「親身になって相談に乗ってくれる」点が挙げられます。特に拘りのデザインや他人とは違う自分だけのマイホームを実現したい方は、型に嵌ったデザインしか提供出来ないハウスメーカーよりも、地元工務店の方が向いていると思います。

マイホームは数千万円単位の買い物です。一生に一度の買い物という方が殆どだと思います。絶対に失敗・後悔しない為に実践すべき事は以下の2点です。

  • 「複数の候補からカタログを取り寄せて、しっかりと比較検討を行う事」
  • 「少しでもお得に安くマイホームを建てるなら、地元工務店も候補に入れよう」

地元の優良な工務店を探す方法は大手不動産サイト「SUUMOの地元の工務店検索」のカタログ一括請求サービスを利用する方法がオススメです。個人情報を記入する事になるので、大手の方が絶対に安心ですし、登録されている工務店も審査が厳しいので、優良工務店だけが検索されます。

繰り返しになりますが、「最も賢くお得にマイホームを建てる方法」はハウスメーカーだけではなく、地元の工務店も候補に含めて検討を行う事です。

マイホーム計画で失敗・後悔されたくない方は必ずこれを実践してみて下さい!

CHECKPOINT
※大手ハウスメーカーのカタログも欲しい方は「カタログ一括請求のすすめ」特集ページも読んでみて下さい。
ローコスト住宅カタログ

ローコスト住宅「カタログ一括請求」のすすめ