アイダ設計で失敗・後悔しない為のコツ

ローコスト住宅アイダ設計

アイダ設計は埼玉県に本拠を置くローコスト住宅メーカーです。全国に営業エリアを拡大しており、テレビCMも積極的に放映しているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

アイダ設計最大の特徴といえば価格の安さです。しかも安いだけではなく、一定水準以上の住宅性能と品質の高い住まいを手の届く価格で提供しています。

アイダ設計の価格帯なら自由設計の注文住宅を諦めていた方でも「決して夢ではない」と感じて貰えるのではないでしょうか。住宅ローンを重荷に感じてしまう方も、賃貸の家賃と変わらぬ支払いでマイホームを建てられると知れば、きっと驚かれる筈です。

また、アイダ設計では家づくりのコンセプトとして「正直価格でお客様に向き合う」を掲げています。これは不明瞭な価格設定が多い注文住宅業界に一石を投じる内容で、明朗で判り易い価格設定を掲げる事で施主に余計な心労を掛けないという方針です。

注文住宅は金額の大きな買い物ですから、「値引き」はハウスメーカーの営業マンにとっても契約を取る為の大きな武器の一つです。例えば「今決めてくれたら200万円値引きします」等と誘惑され、競合他社とあまり比較する事無く契約してしまった…といった失敗談は世に溢れかえっています。

その根本は不明瞭な価格設定、値引き前提の価格設定が大きな原因の一つ。少しでも安く、お得に家を買いたいというのが施主の心情ですから、値引き前提の価格設定では施主としても余計な駆け引きが必要になりますし、余計な心労がたまってしまいます。

その点、アイダ設計では「正直価格」を掲げているので、余計な不安や心労を抱えることなく、楽しいマイホーム計画に集中する事が出来る。これは施主としては大きなメリットとして考える事が出来そうです。

低価格が魅力のアイダ設計ですが、ローコスト住宅でマイホームを建てる以上は絶対に失敗・後悔はしたくないとお考えの方も多いと思います。このページでは「アイダ設計でマイホームを新築するなら絶対に抑えておきたいポイント」を紹介したいと思います。

アイダ設計の会社規模と施工可能なエリア

ローコスト住宅を選ぶ際に、会社の規模感は重要な項目です。一生に一度の買い物ですから、なるべく安心出来る会社に依頼したいですよね。

アイダ設計は埼玉県さいたま市に本社があるローコスト住宅メーカーですが、年間2000棟を超える施工実績があるので大手ハウスメーカー並みの規模感です。営業エリアも全国に拡大していて、東北エリアから九州や沖縄も施工可能エリアに含まれます。会社の規模としてはかなり大きく、倒産リスクはかなり低い会社と判断する事が出来ると思います。

アイダ設計の会社概要

会社名 株式会社アイダ設計
本社所在地 埼玉県さいたま市大宮区桜木町二丁目286番地
設立 1981年
代表者 會田 貞光
従業員数 1038人
資本金 2億1632万円
着工数 年間2000棟超

アイダ設計で施工可能なエリア


北海道・東北:宮城県/福島県


関東:茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県


北陸・甲信越:山梨県/長野県/新潟県


東海:岐阜県/静岡県/愛知県/三重県


近畿:京都府/大阪府


中国:-


四国:-


九州:福岡県/佐賀県/熊本県/鹿児島県/沖縄県


アイダ設計は埼玉県を本拠に全国90店舗を構える大手ローコスト住宅メーカーです。中国や四国エリアには進出していませんが、それでも年間2000棟以上の施工実績があるので、人気の高い会社である事が判ります。

アイダ設計の坪単価を商品ごとに調べました

アイダ設計ブラーボコンフォート
アイダ設計のブラーボコンフォート
現在、世界的な木材供給不足(ウッドショック)や半導体不足等の影響により一部住宅部材の価格が不安定なため、表記の本体価格・坪単価と実際の価格に差違が生じる可能性があります。アイダ設計の商品ごとの正確な価格については直接最寄りの営業所にお問い合わせいただくことを推奨します。
本体価格:1300万円~
平均坪単価:43万円~50万円
アイダ設計のスタンダードプランで自由設計の一定水準以上の住宅性能、価格の安さが揃ったプランです。標準仕様内で選べる設備の自由度は少ないですが、コスパを重視したい方におすすめ。
本体価格:1500万円~
平均坪単価:48万円~55万円
住宅性能表示制度による耐震等級や省エネ等級を取得しているワンランク上の性能を実現したプランです。また標準仕様内で選べる設備のグレードも高いので、価格と品質のバランスに優れたプランと考えて良いでしょう。
本体価格:1980万円~
平均坪単価:55万円~60万円
アイダ設計ZEH住宅対応プラン。北海道の省エネ基準と同等の「UA値0.46」を実現する事が出来ます。他の商品と違いLIXILと共同開発した断熱材一体型の高性能パネルが採用されています。
本体価格:1800万円~
平均坪単価:53万円~65万円
アイダ設計の最上位ブランドです。天井高2.7mの間取り設計やペニンシュラキッチンが標準装備なので、上質な住環境を実現する事が出来るでしょう。当然価格は少し高めの設定です。

アイダ設計は自由設計の注文住宅プランとして「ブラーボシリーズ」を用意しています。スタンダードの「ブラーボ」は標準仕様内で選択できる設備は少ないですが、とにかく価格を抑えてマイホームを建てる事が出来るので、住宅ローンを重荷に感じてしまうタイプの方にはオススメのプランです。こちらのプランで契約した7割以上の方が本体価格1500万円以下で新築されているそうなので、やはり価格の安さは大きな魅力です。

価格と品質のバランスの良さが魅力の「ブラーボコンフォート」やZEH住宅仕様となる「ブラーボゼネクト」は少々お値段は張りますが、ワンランク上の住み心地や断熱性能を求めたい方におすすめのプラン。

最上位グレードの「アイベスト」の価格帯になると、競合がミドルクラスのハウスメーカーとなるので、その辺りはしっかりと比較するようにしましょう。

アイダ設計の平屋住宅は、坪単価や価格はどれぐらい!?

アイダ設計の平屋
アイダ設計の平屋コンセプトプラン
本体価格:1375万円~
平均坪単価:50万円~55万円
アイダ設計は自由設計のブラーボでも平屋住宅を建てる事が出来ますが、規格住宅で「オープンテラスのある平屋」が用意されています。平屋住宅は延床面積が小さいので、2階建て住宅に比べると坪単価は割高になります。

平屋住宅プランの「オープンテラスのある平屋」は廊下などのスペースを省略し、居住スペースを最大限活かした間取り設計が採用されています。

また家の中心に位置するリビングには開放的な勾配天井が採用されていますし、リビングからそのままオープンテラスに繋がる動線が採用されているので、テラスをセカンドリビングのような使い方が出来るのが大きな魅力。洗練された平屋住宅の規格プランとなるので、興味のある方は是非チェックしてみて下さい。

アイダ設計の規格住宅は、坪単価や価格はどれくらい!?

アイダ設計の【セーフティハウスプラス】
アイダ設計の【セーフティハウスプラス】
本体価格:1155万円~
平均坪単価:33万円~40万円
玄関直ぐに洗面台が設置されていたり、玄関に電子錠が設置されていたり、ウイルス対策も考慮された新生活様式に対応したプランです。大幅な間取り変更は出来ませんが、価格の安さが最大の魅力です。
本体価格:1375万円~
平均坪単価:38万円~45万円
規格住宅プランの中でも主力商品となるプランです。こちらは国が定める住宅性能評価書で「耐震等級3」を取得したプランで、より安心して暮らす事が出来ます。価格と性能のバランスを考えればオススメのプランです。
本体価格:1419万円~
平均坪単価:40万円~48万円
こちらは太陽光発電システム搭載のオール電化住宅プランです。自家発電が可能なので毎月の電気代を大幅に節約する事が出来ますし、エコキュートが装備されているので僅かな電気で高効率にお湯を沸かす事が出来ます。環境とお財布に優しいプランです。

規格住宅プランは予め用意されたコンセプトプランの中から好みのタイプを選択し、そこからカスタマイズを行います。商品が規格化されているので、資材の大量製造やストックが可能となり、自由設計のブラーボよりもコスパ優秀な家を実現する事が出来ます。設計自由度よりも価格の安さやコスパの良さを求めたい方は、こちらのプランも検討してみては如何でしょう。

CHECK POINT
失敗した人
人生で一番大きなの買い物なのに…数百万円分も損をしてしまいました

「ローコスト住宅」と言えども、マイホームは数千万円単位の買い物です。

人生で一番大きな買い物なので、絶対失敗したくないとお考えの方も多い筈なのに…失敗の報告は後を絶ちません。

想像してみて下さい。

ほぼ同じ仕様や住宅性能の家が他社では数百万円も安かった事を後から知ったら…後悔しませんか?

これは決して大袈裟な話ではなく、他社と数百万円の差額が出るのは注文住宅業界ではむしろ当たり前の話なのです。

他社の方が数百万円安く出来る事を知らずにそのまま契約してしまったら…もう目も当てられませんよね。

このような失敗を防ぐ為に、最も効果的な方法としてお勧めしたいのは「他社としっかり比較を行う」事です。

ほんのひと手間、「複数のハウスメーカーのカタログを取り寄せて、比較・相見積もりを取る」だけで数百万円分のリスクを抑える事が可能です。

数百万円あれば家具だって全て新調出来ますし、素敵な外構だって実現出来ます。やらなければ勿体ない話だと思いませんか?

既に本命のハウスメーカーが決まっている方も、全く何も決めていない方も、まずは無料カタログを複数ゲットして、住宅メーカーにとっての競合相手を作っておく事が最も賢い立ち回りと言えます。

※既に住宅展示場やモデルハウスに足を運んでしまった方でも本契約前なら、まだ数百万円分もお得になる可能性は十分あります!!

本命のハウスメーカーから最大限お得に契約する為には、手順として一括カタログ請求で見積もり競合させるのが一番効果的!!最終的には他社の見積書が交渉カードの切り札になって来ます。なるべく早めに複数のハウスメーカーからカタログのお取り寄せをしておきましょう!!

↓今からでも遅くはないです!!まずはカタログ取り寄せから始めましょう↓

アイダ設計の住宅性能とアフターサービスを調べよう

住宅性能は住み心地に直結する部分ですし、ここをしっかりチェックしないと後から「失敗した…」と感じてしまう可能性があります。また保証やアフターサービスに関しても実際に住み始めてからの安心感が違います。アイダ設計はどんな住宅性能でどれくらい手厚いアフターサービスを用意しているのか、この項目でチェックしたいと思います。

アイダ設計の工法・構造について

木造軸組工法+耐力面材
アイダ設計は日本伝統の在来工法(木造軸組工法)を採用しています。在来工法は柱や梁で建物を支える構造ですが、アイダ設計の主力商品ではMDF耐力面材を採用する事で「壁で支える構造」も組み合わせています。これにより高い耐震性能を実現しています。

アイダ設計の耐震性能について

耐震等級3
価格の安い一部商品を除き、アイダ設計では住宅性能評価書で「耐震等級3」を取得しています。またアイダ設計では実物大耐震実験も積極的に行っているので、机上の計算だけではなく、実際に大地震が起きた時にどのような挙動が起こるのかもしっかりと研究・開発を行っています。ローコスト住宅ながらに耐震性能への信頼性は高いハウスメーカーと考えて良いのではないでしょうか。

アイダ設計の断熱性能について

断熱材:グラスウールor硬質ウレタンフォーム
窓断熱:アルミ樹脂複合サッシ
アイダ設計では価格帯によって使われている断熱材が異なります。基本的に価格の安いプランではグラスウール断熱材が使用されており、グレードの高いプランでは硬質ウレタンフォームの断熱材が使用されています。また、ZEH住宅対応となる「ブラーボゼネクト」に関してはLIXILと共同開発した断熱材一体型の高性能パネルが採用されています。

アイダ設計のUA値・C値
UA値:0.87~0.46
C値:表記無し

アイダ設計の「ブラーボコンフォート」では住宅性能表示制度の「断熱等性能等級4」を取得しているので「UA値0.87以下」の断熱性能は実現している事になります。またZEH住宅仕様の「ブラーボゼネクト」では北海道の省エネ基準並みの「UA値0.46」を指標とされています。尚、スタンダードの「ブラーボ」と規格住宅コンセプトプランに関してはUA値の記述はないので、気になる方は担当の営業マンに直接ヒアリングを行う事を推奨いたします。

アイダ設計の保証・アフターサービスについて

保証延長制度:最長35年
保証延長条件:10年目以降5年毎の有償工事
構造躯体の重要な箇所と雨漏りを防ぐ箇所に関しては初期保証10年が義務付けられていますので、アイダ設計でも初期保証10年間が用意されています。10年目以降は5年毎に実施される無料定期点検と、必要な有償メンテナンス工事を実施する事で、保証期間は最大35年目まで延長する事が可能です。5年毎の有償メンテナンス工事は少々頻度が多い印象ですが、ローコスト住宅の保証制度としては及第点レベルではないでしょうか。

アイダ設計で失敗しない為に口コミや評判を調べよう

アイダ設計で実際にマイホームを建てた人の「失敗談」や「成功段」はとても参考になるものです。「失敗・後悔」している人の意見を反面教師にして、同じ失敗をしないように気を付ける事が出来ますし、逆に「成功・満足」している人の意見や経験談を真似してみると理想のマイホームに一歩近付く事が出来るでしょう。

特にマイホームは一生に一度の大きな買い物ですし、先人達の経験談ほど役に立つものはありません。この項目ではアイダ設計で実際に「失敗・後悔」した人の口コミと「成功・満足」している人の口コミをまとめたいと思います。

アイダ設計で失敗・後悔した人の口コミ

ここでは実際にアイダ設計で新築した施主さんが「ここ失敗したな‥」「後悔している仕様」といった建物に関する評判と、ローコスト住宅メーカーであるアイダ設計と契約したことにさえ失敗・後悔していると感じている人達の具体例を紹介します。

一般的にツイッターやブログ、掲示板などに書かれている不満や愚痴などをまとめています。アイダ設計で検討されている人は、先人たちの失敗談を反面教師にして進めると、失敗ポイントを大きく減らせるのではないかと思います。

失敗した人
最初はマイホームを建てられると舞い上がっていましたが、やはり価格相応というか…完全に建売住宅品質みたいな、少し安っぽい家が完成してしまいました。自分が思い描いていたマイホームとは少しかけ離れた家が出来てしまいましたね
失敗した人
安いブラーボスタンダードで建てたので断熱性能があまり良くないです。毎月の光熱費を考えると、せめてコンフォートで建てるべきだったかと後悔
失敗した人
営業マンさんに伝えた事が現場の業者に伝わっておらず、何度も施工手直しが必要になりました。アイダ設計は大手なのでもっとしっかりしてると思っていたので…それが残念です

アイダ設計で不満の声を挙げている方は多くが、営業マンや施工に関する不満が多い印象を受けました。要望が現場に伝わっていなかった事によるすれ違いや、約束していた設備の追加がされていなかった等。ローコスト住宅といえども、人生で一番高い買い物になる訳ですから、そういった部分は改善して欲しいと考えている方が多いという事でしょう。

住宅性能に関しては、やはり価格の低いグレード商品は「品質が安っぽい」「断熱性能が悪い」といった声が多い印象です。デザイン性や品質に関しても安っぽさを感じてしまうのは価格相応に仕方ない部分だとは思いますが、断熱性能は光熱費や住み心地に直結する部分なので、検討されている方は「断熱材」や「窓断熱」のグレードアップを検討するようにしましょう。

アイダ設計で失敗・後悔してる人まとめ

・標準仕様で選べる設備が少ない
・断熱性能が物足りない
・品質が安っぽい
・要望がキチンと伝わっていないケースが多い

アイダ設計で成功・満足している人の口コミや評判

失敗や後悔の念を抱いている人がいる一方、当然ながら「アイダ設計を選んで良かった!」「アイダ設計のここが好きなポイント」といった好評判な口コミや書きコミなども予め知っておくと、いざ実際に自分が建てる時にみんなに評判の良いポイントを積極的に取り入れられたり、アイダ設計の強みが理解できます。マイホームは高額なので実際に契約した後は色々不安になって調べちゃったりして余計不安になったりするものです。良い評判もちゃんと聞きいれることによって精神衛生上も楽になります。

成功した人
昔は安かろう悪かろうのイメージがあったけど、最近は性能も重視しているし、値段以上に良い家を建ててるとは思いますよ。コスパに関してはやっぱり最強クラスです
成功した人
標準仕様内だと選択肢があまり多くはありませんが、ずっと賃貸アパート暮らしだった私にとっては全てが豪華になったので何も気にならなかったです。むしろすごく住み心地が良くなりました
成功した人
正直、私のような世帯年収の低い家でマイホームを所有できるなんて思ってもみませんでした。アイダ設計さんは価格も明朗だし税込み表示なのでとても安心できました

アイダ設計で成功・満足している人の口コミや評判を調べると、「価格の安さ」「コスパの良さ」を挙げる人が多かったです。特に賃貸に住んで家賃を支払っているのと大差のない支払いでマイホームを建てる事が出来るので、そういった部分で多くの方が満足されている印象を受けます。自由設計の注文住宅は決して高根の花ではないという事ですね。

アイダ設計で成功・満足している人まとめ

・耐震等級3で安心
・とにかく価格が安い
・値段の割に設備グレードもしっかり

それぞれ、アイダ設計で新築して「失敗・後悔」している人の意見と、逆にアイダ設計で新築して「成功・満足」している人の意見をまとめると、アイダ設計でマイホームを建てる際に失敗しない為に気を付ける事として以下の点が見えて来ます。

アイダ設計で失敗・後悔しない為のポイント
・価格の安いプランは断熱性能が低いので断熱材や窓断熱のグレードアップをする
・標準仕様のままでは高級感が足りないので、自分の拘りたいポイントはオプションを積極的に採用する
・施工に不安がある方はなるべく多く現場見学に出向く

特にアイダ設計で「失敗・後悔」しない為に重要なのは「競合他社としっかり比較しておく」事です。

もしあなたが「本命はアイダ設計」と心に決めていたとしても、必ず競合メーカーとの比較は行うようにしましょう。それがアイダ設計で失敗しない為に一番重要な事です。

例えばアイダ設計とほぼ同じ仕様、同じ住宅性能、同じような間取りやデザインの家を他社で500万円安く建てられると知ったら…きっと後悔されますよね。500万円の差なんて有り得ない…なんて思ったら大間違い。注文住宅業界ではこの位の「差」が出るのは当たり前の光景なのです。

つまり、例え本命のハウスメーカーや工務店が心に決まっていたとしても、全く比較検討を行わずに1社だけで商談を進めてしまう事は数百万円の損に成りかねません。

CHECK POINT
失敗した人
夢のマイホームなのに…失敗してしまいました(涙)

夢にまで見たマイホーム。

一生に一度の大きな買い物、人生における一大イベントです。

それなのに失敗してる人が後を絶たない理由を調べてみると、「比較する事」を怠っているのが原因の方が多い傾向にあります。

ただ「安い」というだけでマイホームを決めてしまっては100%あなたのマイホーム計画は失敗してしまいます。

例えばもし、自動車を買う場合…「燃費」や「安全性能」などを調べたりはしませんか?

家を購入するのもそれと同じです。

自動車にとっての「燃費」は家にとっての「断熱性・省エネ性」であり、自動車にとっての「安全性能」は家にとっての「耐震性・耐火性」です。

家は最初に安く購入したといってもそれで終わりではありません。

月々の支払い以外にも、光熱費やメンテナンス費用が掛かる家では、トータルで高い買い物となってしまう可能性があります。

ローコスト住宅で絶対失敗したくない人は、必ずカタログのお取り寄せをして、複数の候補と「価格」「性能」「設備」を比較して下さい。

それだけでもあなたのマイホーム計画が失敗する確率を大幅に減らす事が可能です。

↓そのひと手間で失敗する確率を大幅に抑えられます!!↓

アイダ設計と比較したいハウスメーカーを調べよう

この項目ではアイダ設計と比較すべきハウスメーカーを紹介します。カタログ請求するなら一緒に下記のハウスメーカーのカタログも貰っておくのが効率的です。基本的にはアイダ設計と競合し易い「同価格帯」のハウスメーカーをピックアップしますが、工法や構造、または特徴が似ている場合もピックアップします。※お住まいの地域によってはカタログ請求出来ない場合もありますので予めご了承ください。

■秀光ビルド
ローコスト住宅秀光ビルド平均坪単価:30万円~40万円
工法:木造軸組工法
営業エリア:全国
秀光ビルドは北陸本拠のローコスト住宅メーカーですが、関東を除く全国に展開しています。アイダ設計と同じくコスパに優れた住まいで、北陸や甲信越では数か月待ちとなるのも珍しくない位の人気店です。
■飯田産業
ローコスト住宅飯田産業平均坪単価:30万円~45万円
工法:木造軸組工法
営業エリア:全国
こちらも価格の安さならヒケを取りません。年間着工数4万棟超のパワービルダーで土地とセットで販売する建売分譲がメインですが注文住宅も手掛けています。価格が安ながらも住宅性能に優れや住まいを提供しています。
■タマホーム
ローコスト住宅タマホーム平均坪単価:40万円~50万円
工法:木造軸組工法+耐力壁
営業エリア:全国
アイダ設計と比較するなら絶対外せないのがローコスト住宅の代表格であるタマホームでしょう。主力商品の大安心の家は標準仕様で長期優良住宅に対応するなど、ローコスト住宅とは思えないような「総合力の高い家」を提供しています。比較候補の筆頭だと思います。
■エースホーム
ローコスト住宅エースホーム平均坪単価:40万円~50万円
工法:木造軸組工法
営業エリア:全国
LIXIL製の住宅設備と若い世代に訴求するデザイン性の高さが魅力のエースホームも比較候補に加えたいところです。全棟で耐震等級3、高気密高断熱住宅にも力を入れてるので、価格は少し上になりますが満足度は高まるかもしれません。
LIFULL HOME’Sで一緒にカタログ請求して、まずは比較してみよう!

実際にアイダ設計のカタログを取り寄せてみよう

ローコスト住宅 カタログ請求

次は実際にアイダ設計と複数の競合メーカーのカタログを請求する為の簡単な手順を紹介します。

直接、総合住宅展示場へ行こうと思うと丸1日は予定が潰れてしまいますし、何度も個人情報の記入を求められてしまいます。しかも営業マンに取り囲まれて営業トークの洗礼を受けてしまう訳ですから…何の知識も無いまま住宅展示場へ行ってしまうのはオススメしません。

まずはネットで簡単手続き出来る「カタログ一括請求サービス」を利用する事をオススメします。

当サイトが一番おすすめしたいのがテレビCMでお馴染みの「ライフルホームズ」のカタログ一括請求サービスを利用する事。大手不動産サイトなので安心出来ますし、手順がとても簡単です。

まとめてカタログを一括請求するので、必要事項の記入もカタログの郵送先情報を一度だけ入力するだけ。後は複数のハウスメーカーからカタログが宅急便やメール便で送られて来るだけなのでとても簡単です。

ローコスト住宅カタログ

ローコスト住宅「カタログ一括請求」のすすめ

もしマイホーム計画で「資金面の悩み」がある方は、下記にて「資金の悩みを一発解決する方法」をご紹介しています。これからローコスト住宅を建てたいとお考えの方全員にオススメの記事なので、是非ご一読下さい!

CHECK POINT
マイホーム計画を進める上で「資金の悩み」があるのは当然の事。「一体総額はどの位掛かるのか」「そもそも私の年収で住宅ローンが通るのか」そんな悩みも一発解決出来る方法をお教えします。
ローコスト住宅の資金の悩みを一発で解決

ローコスト住宅の資金の悩みを一発で解決する方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。