アキュラホームで失敗・後悔しない為のコツ

ローコスト住宅アキュラホーム

アキュラホームは日本で初めてローコスト住宅の販売を始めた草分け的な存在で、日本最大級のホームビルダー集団「ジャーブネット」を主宰する一大フランチャイズチェーンです。かつれは《タマホーム》もその一員だったそうですよ。

「品質も価格も諦めない」を掲げて、コスト削減施策を徹底したシステムを構築。資材や設備の一括購入によるスケールメリットから、問屋や中間業者を通さない物流システムの構築まで、ローコスト住宅を建てる為のノウハウが活かされているので、高品質ながら低価格なコストパフォーマンスに優れた注文住宅を実現する事が出来ます。

アキュラホームは全国最大級のフランチャイズネットを展開しています。ハウスメーカーのメリットである商品開発力やスケールメリットを活かしながら、地域密着型サービスを提供出来る地元工務店の強みを活かす事が出来るので、双方の強みを活かす事が出来ます。

2020年には商品構成を一新して、主力商品に「大空間の家」を据えてリニューアル。ローコスト住宅ながら高級注文住宅のような大空間リビングを実現出来る商品を展開しています。

コストパフォーマンスの高さが魅力のアキュラホームですが、良い点もあれば悪い点もあるのも否めない事実。ローコスト住宅でマイホームを建てる以上は絶対に失敗・後悔はしたくないとお考えの方も多いと思います。このページでは「アキュラホームでマイホームを新築するなら絶対に抑えておきたいポイント」を紹介したいと思います。

アキュラホームの坪単価を商品ごとに調べました

アキュラホーム 大空間の家
※アキュラホームの「大空間の家」
【大空間の家】の坪単価

平均坪単価:40万円~50万円
アキュラホームは以前は「COCOie(ココイエ)」を主力商品として販売していましたが2020年に「大空間の家」にモデルチェンジ。日本一の壁倍率15倍を誇る耐力面材を採用する事で、鉄骨造のような大空間や大開口を実現する事が可能になりました。しかも価格帯はほぼ据え置きなので、ローコスト住宅メーカーとしては破格のデザイン性が実現可能となりました。

平均坪単価:45万円~55万円
太陽光発電システムやオール電化を備えた商品。地球に優しく家計に嬉しいモデルで、実際に住んでからの光熱費が節約する事が出来ます。デザイン性と快適なエコライフを実現した住まい。
平均坪単価:50万円~60万円
太陽光発電システムに加えて、アキュラホームオリジナルの全館空調システムを採用したモデルです。室内の気温を一定に保つ事が出来るので、ヒートショックのリスクを軽減する事が出来ます。
平均坪単価:45万円~55万円
「天井高140cm以下の空間は床面積(建ぺい率)に含まれない」事を利用した大収納空間を加えたモデルです。階段下やスキップフロア、屋根裏スペースを利用した大収納空間は利便性抜群です。
平均坪単価:50万円~60万円
1階と2階を分ける事で親世代と子世代が程よい距離感を保てる二世帯住宅モデルです。S&I設計なのでライフスタイルが変わった場合でも間取り変更を行い易い点も魅力。
平均坪単価:45万円~55万円
都市圏など狭小地向きの3階建て住宅モデル。空間を最大限活用した提案が多数用意されています。3階建てでも壁倍率15倍の耐力面材を採用する事で強固な構造躯体を実現。
平均坪単価:50万円~60万円
ZEH基準の断熱性能をクリアした高気密高断熱モデルです。太陽光発電システムの「創エネ」と「省エネ」を組み合わせる事で、年間の一次エネルギー消費量ゼロを目指します。
平均坪単価:55万円~70万円
近年は住みながら家賃収入を得られる収益化住宅への関心が高まっています。夫婦2人だけのスペースにプラスして賃貸部分を用意するなど、家族構成に応じてスペースの変更も可能なのがS&I設計の強みです。
平均坪単価:45万円~55万円
ペット共生住宅へのニーズは高まっています。人もペットも快適に暮らせる様々なアイデアが盛り込まれているので、ペットを飼われている方は是非検討してみて下さい。

アキュラホームは2020年に「大空間の家」を軸にした商品構成に一新しています。壁倍率15倍の耐力壁を採用する事で、木造住宅ながらも鉄骨造のような大空間リビングや大開口設計が可能となりました。デザイン性は飛躍的に高まったと思います。

またアキュラホームでは「S&I設計」の考え方が取り入れられている点にも注目です。これは構造躯体部分(スケルトン)と内装部分(インフィル)を完全に分けて考える設計の事で、内装は敢えて簡単な造りにする事で間取り変更を容易に行う事が出来ます。

とにかく注目なのは壁倍率15倍の耐力壁による設計自由度の向上でしょうか。木造住宅では実現の難しかった間取りやデザインを実現可能になったのは大きな強みだと思います。正直言えばアキュラホームはローコスト住宅大手メーカーの中でもそれ程強みは無かったのですが、2020年に発売された「大空間の家」で評価はガラリと変わったと思います。ローコスト住宅の価格帯で鉄骨造のような大空間を実現出来る、これはかなり大きな強みになるのではないでしょうか。

アキュラホームの平屋住宅は、坪単価や価格はどれぐらい!?

アキュラホーム 平屋の家の実例
※アキュラホーム「平屋の家」の実例
アキュラホーム【平屋の家】の坪単価
平均坪単価:45万円~55万円
平屋住宅でも勿論「大空間」の実現は可能です。平屋住宅ならではの天井高モデルや大きな窓を多用した開放感のあるモデルなど、ローコスト住宅とは思えないようなデザインが実現可能に。

近年は平屋住宅に関心を持つ方が増えているようです。例えば子供が独立してからの終の住処として、平屋住宅を選択される方も増えています。完全バリアフリー住宅としての提案も盛りだくさん。S&I設計が採用されているから、万が一家族構成やライフスタイルが変わっても間取り変更が容易に出来るのは大きな魅力です。

アキュラホームの規格住宅は、坪単価や価格はどれくらい!?

アキュラホームの「ウィズコロナ住宅」
※アキュラホームの「ウィズコロナ住宅」
【おうちスタイル】の坪単価

平均坪単価:40万円~50万円
アキュラホームではミレニアル世帯向けの規格住宅として「おうちスタイル」という提案プランを用意しています。「おうちdeカフェ」「おうちdeグランピング」「おうちdeライブラリー」「たのしんde家事」の4つのスタイルから選ぶ事が出来ます。

【ウィズコロナ時代の新生活様式の家】の坪単価

平均坪単価:45万円~60万円
「ウィズコロナ時代」を見据えた様々なウイルスブロック設備や、万が一家族に感染者が出た場合に隔離が可能な間取り設計など、新しい生活様式が考えられた設計が提案されています。

アキュラホームは他にも様々な提案プランを用意していますが、主力商品は自由設計の「大空間の家」をベースにした商品群で構成されています。特に注目なのがウィズコロナ時代を見据えた提案プラン。今後は在宅ワークが増加する事から、書斎ではなく、本格的なワーキングスペースなどが間取りに必要になって来るでしょう。ライフスタイルの変化に合わせて容易に間取り変更が可能なS&I設計は、今後主流の工法となるかもしれませんね。

アキュラホームの住宅性能とアフターサービスを調べよう

住宅性能は住み心地に直結する部分ですし、ここをしっかりチェックしないと後から「失敗した…」と感じてしまう可能性があります。また保証やアフターサービスに関しても実際に住み始めてからの安心感が違います。アキュラホームはどんな住宅性能でどれくらい手厚いアフターサービスを用意しているのか、この項目でチェックしたいと思います。

アキュラホームの工法・構造について

木造軸組工法+耐力面材
アキュラホームは日本伝統の在来工法(木造軸組工法)と耐力面材を組み合わせた工法を採用していますが、「大空間の家」発売と共に「トリプルストロングウォール」と呼ばれる壁倍率15倍の特殊な耐力面材を採用しています。例えばツーバイ工法のパイオニアである高級注文住宅を手掛ける《三井ホーム》は壁倍率5倍である事を考えれば、この耐力面材がどれだけ凄い性能であるかは御想像に難しくない筈。

アキュラホームではこの耐力面材を採用する事で、鉄骨造のような大空間リビングや開放的な大開口などを木造住宅でも実現出来るようになりました。しかもローコスト価格帯での実現な訳ですから、他のローコスト住宅メーカーにとっては戦々恐々ではないでしょうか。

アキュラホームの耐震性能について

耐震等級3
アキュラホームの大空間の家で採用される壁倍率15倍のトリプルストロングウォールは、1枚の壁で耐力壁8枚分以上の強さがあります。当然耐震性にも優れているので、例え大空間リビングや開放的な大開口を採用しても耐震等級3を保持する事が出来ます。これは木造住宅としては革新的な内容です。

アキュラホームの断熱性能について

断熱材:高性能グラスウール
窓断熱:アルミ樹脂複合サッシ
アキュラホームの「大空間の家」は断熱仕様に関しては「COCOie(ココイエ)」から変わっていません。壁と床断熱には高性能グラスウール、屋根断熱はグラスウールが採用されています。標準仕様の断熱性能としてはかなり物足りない印象なので、もし検討される場合は断熱仕様のグレードアップは必須事項として考えておいた方が無難でしょう。

アキュラホームのUA値・C値
UA値:0.6以下(ZEH仕様の場合)
C値:表記無し

断熱性能を現すUA値に関しては表記こそありませんが【ZEHの家】に関しては「ZEH基準以上」の表記があるので、ZEH仕様の家の場合はUA値0.87は確保しているのではないかと考えられます。それ以外のモデルに関しては、断熱仕様からあまり優れた断熱性能は備わっていないと考えるべきでしょう。

アキュラホームの保証・アフターサービスについて

保証延長制度:最長35年
保証延長条件:5年毎の無償点検・有償補修
構造躯体の重要な部分に関しては初期保証10年が義務付けられています。保証延長制度に関しては最大35年まで延長可能で、10年目以降に5年毎の無償点検と有償メンテナンス工事を行うのが条件です。5年毎の有償メンテナンス工事は少々頻度が多い印象ですが、ローコスト住宅の保証制度としては及第点レベルではないでしょうか。

アキュラホームで失敗しない為に口コミや評判を調べよう

アキュラホームで実際にマイホームを建てた人の「失敗談」や「成功段」はとても参考になるものです。「失敗・後悔」している人の意見を反面教師にして、同じ失敗をしないように気を付ける事が出来ますし、逆に「成功・満足」している人の意見や経験談を真似してみると理想のマイホームに一歩近付く事が出来るでしょう。

特にマイホームは一生に一度の大きな買い物ですし、先人達の経験談ほど役に立つものはありません。この項目ではアキュラホームで実際に「失敗・後悔」した人の口コミと「成功・満足」している人の口コミをまとめたいと思います。

アキュラホームで失敗・後悔した人の口コミや評判

ここでは実際にアキュラホームで新築した施主さんが「ここ失敗したな‥」「後悔している仕様」といった建物に関する評判と、ローコスト住宅メーカーであるアキュラホームと契約したことにさえ失敗・後悔していると感じている人達の具体例を紹介します。

一般的にツイッターやブログ、掲示板などに書かれている不満や愚痴などをまとめています。アキュラホームで検討されている人は、先人たちの失敗談を反面教師にして進めると、失敗ポイントを大きく減らせるのではないかと思います。

失敗した人
失敗した人
簡単に間取り変更が出来るライフサイクルウォールは便利だけど、遮音性や断熱性が最悪です。エアコンの効きが悪くなるのでオススメしません。築3年目で早くもリフォームしようか悩んでます
失敗した人
失敗した人
断熱性は本当に悪い。標準仕様のままだと結露もするし最悪です。断熱施工にもっと注目すべきでした。後悔
失敗した人
失敗した人
当たり外れがあるのかもしれませんが、私のエリアの加盟店は施工が雑で大変でした。現場監督のレベルが低くて、何度も図面と違う箇所を指摘して直して貰う事に

アキュラホームのネット上やSNS上での不満の声をまとめると、主に断熱性能の不満が多いようです。特に「大空間の家」は広々としたリビングが実現可能になった分、断熱仕様も据え置きでは余りにも物足りない印象です。アキュラホームで新築を検討するなら断熱仕様のグレードアップは最優先事項で考えるべきでしょう。また加盟店の施工レベルや営業マンへの不満なども多く見受けられました。フランチャイズなので当たり外れの部分があるかもしれないので、事前にリサーチを深めたいところです。

アキュラホームで失敗・後悔してる人まとめ

・断熱性能が悪い
・遮音性能が悪い
・加盟店によって施工やサービスに差がある

アキュラホームで成功・満足している人の口コミや評判

失敗や後悔の念を抱いている人がいる一方、当然ながら「アキュラホームを選んで良かった!」「アキュラホームのここが好きなポイント」といった好評判な口コミや書きコミなども予め知っておくと、いざ実際に自分が建てる時にみんなに評判の良いポイントを積極的に取り入れられたり、アキュラホームの強みが理解できます。マイホームは高額なので実際に契約した後は色々不安になって調べちゃったりして余計不安になったりするものです。良い評判もちゃんと聞きいれることによって精神衛生上も楽になります。

成功した人
成功した人
大収納空間が便利そうなので契約しました。本当にこれがあるだけで家の中の収納問題が全て解決出来ます。ミサワホームの蔵より全然安いのも素敵です
成功した人
成功した人
価格が安いなりに、色々な工夫がされていて感心しましたよ。大手ハウスメーカーと同じような大きなリビングも再現出来るのには驚きました
成功した人
成功した人
大空間の家になって内装も無垢材仕様になったり凄く質があがったと思います。大空間の家の発売まで待って良かったです

アキュラホームで満足している方の多くは、そのコストパフォーマンスの高さを評価している方が多いように感じます。元々の「COCOie(ココイエ)」の時点で、かなりコスパ優秀な注文住宅商品だったにも関わらず、価格はほぼ据え置きで、デザイン性が自由になった「大空間の家」の発売は、かなりのインパクトがあったのではないかと思います。内装にも無垢材のフローリングや無垢材の建具を採用するなど、質感の向上に努めている点も好感触です。

アキュラホームで成功・満足してる人まとめ

・コスパが優秀
・大空間の家の設計自由度
・無垢材を使用した内装も満足度アップ

それぞれ、アキュラホームで新築して「失敗・後悔」している人の意見と、逆にアキュラホームで新築して「成功・満足」している人の意見をまとめると、アキュラホームでマイホームを建てる際に失敗しない為に気を付ける事として以下の点が見えて来ます。

アキュラホームで失敗・後悔しない為のポイント

・断熱仕様のグレードアップを検討する
・施工現場にはマメに足を運び、不備が無いか細かくチェックする
・競合他社と良く比較検討を行い、良い点と悪い点をしっかり把握しておく

特にアキュラホームで「失敗・後悔」しない為に重要なのは「競合他社としっかり比較しておく」事です。

もしあなたが「本命はアキュラホーム」と心に決めていたとしても、必ず競合メーカーとの比較は行うようにしましょう。それがアキュラホームで失敗しない為に一番重要な事です。

例えばアキュラホームとほぼ同じ仕様、同じ住宅性能、同じような間取りやデザインの家を他社で500万円安く建てられると知ったら…きっと後悔されますよね。500万円の差なんて有り得ない…なんて思ったら大間違い。注文住宅業界ではこの位の「差」が出るのは当たり前の光景なのです。

つまり、例え本命のハウスメーカーや工務店が心に決まっていたとしても、全く比較検討を行わずに1社だけで商談を進めてしまう事は数百万円の損に成りかねません。

では、アキュラホームはどのハウスメーカーを競合に据えるべきなのでしょうか。

アキュラホームと比較したいハウスメーカーを調べよう

この項目ではアキュラホームと比較すべきハウスメーカーを紹介します。カタログ請求するなら一緒に下記のハウスメーカーのカタログも貰っておくのが効率的です。基本的にはアキュラホームと競合し易い「同価格帯」のハウスメーカーをピックアップしますが、工法や構造、または特徴が似ている場合もピックアップします。※お住まいの地域によってはカタログ請求出来ない場合もありますので予めご了承ください。

■タマホーム
ローコスト住宅 タマホーム平均坪単価:40万円~50万円
工法:木造軸組工法
営業エリア:全国
ローコスト住宅の代表格であるタマホームは競合として外せないところです。主力商品の「大安心の家」は標準仕様で長期優良住宅に対応するなど、総合力の高い家を提供しています。アキュラホームとは工法やコスト削減施策が似ているので競合として筆頭候補になると思います。
■アイフルホーム
ローコスト住宅 アイフルホーム平均坪単価:45万円~55万円
工法:木造軸組工法
営業エリア:全国
住宅設備最大手のLIXILグループが手掛けるローコスト住宅の注文住宅ブランドで、住宅業界最大規模のフランチャイズチェーンを展開。品質の良いLIXIL製の住宅設備を安価に仕入れる事が出来るので低価格でも満足度の高い住まいを提供する事が出来ます。2020年から商品構成を「FAVO(フェイボ)」1本に。
■アイ工務店
ローコスト住宅 アイ工務店平均坪単価:45万円~55万円
工法:木造軸組工法
営業エリア:全国
1㎜単位の自由設計と「大手より30%安くできる」をキャッチコピーに3年連続で売上伸び率が1位になるなど、飛ぶ鳥を落とす勢いで急成長しているハウスメーカーです。大手と比肩する性能を低価格で販売しているのでチェック推奨です。
■レオハウス
ローコスト住宅 レオハウス平均坪単価:40万円~50万円
工法:木造軸組工法、木造2×4工法
営業エリア:全国
現在はヤマダグループの一員となったレオハウスですが、こちらも実力派のローコスト住宅メーカーです。アキュラホームとは価格帯で競合しますし、比較するなら候補に含めたいところです。設計自由度やコスパの良さには定評アリ。
LIFULL HOME’Sで一緒にカタログ請求して、まずは比較してみよう!

実際にアキュラホームのカタログを取り寄せてみよう

ローコスト住宅 カタログ請求

次は実際にアキュラホームと複数の競合メーカーのカタログを請求する為の簡単な手順を紹介します。

直接、総合住宅展示場へ行こうと思うと丸1日は予定が潰れてしまいますし、何度も個人情報の記入を求められてしまいます。しかも営業マンに取り囲まれて営業トークの洗礼を受けてしまう訳ですから…何の知識も無いまま住宅展示場へ行ってしまうのはオススメしません。

まずはネットで簡単手続き出来る「カタログ一括請求サービス」を利用する事をオススメします。

当サイトが一番おすすめしたいのがテレビCMでお馴染みの「ライフルホームズ」のカタログ一括請求サービスを利用する事。大手不動産サイトなので安心出来ますし、手順がとても簡単です。

まとめてカタログを一括請求するので、必要事項の記入もカタログの郵送先情報を一度だけ入力するだけ。後は複数のハウスメーカーからカタログが宅急便やメール便で送られて来るだけなのでとても簡単です。

ローコスト住宅カタログ

ローコスト住宅「カタログ一括請求」のすすめ

そしてもう一つ。ハウスメーカー以外にも「地元の優良な工務店」も必ず候補に含めるようにしましょう。これをやっておくだけで「数百万円の差」が出るケースもあります。下記にその理由と地元の優良な工務店を探す方法をまとめたので、是非ご一読下さい!!

CHECK POINT
マイホーム計画を進める上で「地元の優良な工務店」を候補に含める事はとても重要です。これを怠ってしまうと「数百万円単位の損」をしてしまう可能性もあります。詳しくは下記の「最も賢くお得にマイホームを建てる方法を教えます」をチェックしましょう。
ローコスト住宅最も賢くお得に家を建てる方法

最も賢くお得にマイホームを建てる方法を教えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。