桧家住宅で失敗・後悔しない為のコツ

ローコスト住宅桧家住宅

桧屋住宅は全館空調システム「Z空調(ゼックウチョウ)」のテレビCMでお馴染みの、東証1部上場ヒノキヤグループの中核となるハウスメーカーです。「Z空調(ゼックウチョウ)」発売後は3年間で1万棟を超える着工棟数を突破している、とても人気のハウスメーカーですね。

最近はローコスト住宅メーカーでも全館空調システムを採用出来るところが増えて来ましたが、従来までは全館空調は高級注文住宅だけの贅沢品だったので、桧家住宅が「Z空調」を発売したのはセンセーショナルでした。一気に着工数や認知度を全国区にしたのも納得だと思います。

全館空調システムのメリットは、住み心地の良さや快適性です。例えば「夏のトイレの暑さ」や「冬の脱衣所の寒さ」を不快に感じた事がある人は多いとは思いますが、全館空調システムは家の中の気温を一定に保つ事が出来るので、トイレや脱衣所、廊下なども全て快適な気温に保たれています。家の中の気温差が少ないので「ヒートショック」等の事故を未然に防ぐ事が出来るので、メリットはかなり大きいです。

全館空調「Z空調」が魅力の桧屋住宅ですが、良い点もあれば悪い点もあるのも否めない事実。ローコスト住宅でマイホームを建てる以上は絶対に失敗・後悔はしたくないとお考えの方も多いと思います。このページでは「桧家住宅でマイホームを新築するなら絶対に抑えておきたいポイント」を紹介したいと思います。

桧家住宅の坪単価を商品ごとに調べました

桧屋住宅 スマートワン スマートワンカスタム
※桧屋住宅 スマートワン&スマートワンカスタム
平均坪単価:45万円~55万円
スマートワンは規格住宅以上、注文住宅以下の設計自由度でイメージした方が良いでしょう。ある程度のカスタマイズを行う事が出来ますが、制限も多い分、コストも安いので価格が抑えられているモデルになります。桧家住宅のスタンダードモデルになります。
平均坪単価:50万円~60万円
スマートワンから更に設計自由度を高めたモデルで、敷地の形や広さに応じて、カスタマイズする事も可能です。尚、内装もプロがコーディネイトした好みのスタイル「セレクタリア」から標準で選ぶ事が出来るので、内装の統一感を創る事も可能です。

桧家住宅は完全自由設計の注文住宅ではなく、基本的には規格住宅をベースに、様々なカスタマイズ性を持たせた注文住宅を手掛けているハウスメーカーです。より自由度が高いのが「スマート・ワンカスタム」で、デザイン性と費用算出が判り易い定額制のフリーデザインを採用しています。

価格を安く抑えたい人は「スマート・ワン」がオススメですが、設計の自由度はあまり高くはないので、デザイン性やカスタマイズ性を楽しみたい方は「スマート・ワンカスタム」が合っていると思います。尚、全館空調「Z空調(ゼックウチョウ)」は約110万円前後の追加費用で導入する事が出来ます。たまにキャンペーンもやっているので、そういったタイミングで検討を開始してみるのも有りかもしれません。

桧家住宅の平屋住宅は、坪単価や価格はどれぐらい!?

桧屋住宅 平屋
※桧屋住宅の子屋根裏を利用したスマートワン平屋住宅
【スマートワン平屋】の坪単価
平均坪単価:45万円~60万円
桧屋住宅では「スマートワン」「スマート・ワンカスタム」両方で平屋住宅のプランが用意されています。「採光」や「小屋根裏空間」、「大容量収納空間」など魅力的な間取りも採用する事が出来ますし、全館空調「Z空調」も平屋住宅で魅力十分だと思います。

桧屋住宅は固定階段付きの大収納空間の間取りを得意としています。他社でも良く見られる小屋根裏空間を利用した大収納空間だけではなく、半地下に大収納空間を採用する「なんでもセラー」は収納以外にもワインセラー等としても活用出来ます。また全館空調「Z空調」の設備を半地下空間に設置する事で容易なメンテナンスを可能にする事も出来るでしょう。「平屋住宅+なんでもセラー+Z空調」の組み合わせはかなり理想的なカタチと言えるかもしれませんね。

桧家住宅の規格住宅は、坪単価や価格はどれくらい!?

桧屋住宅 規格住宅「Smart2」
※桧屋住宅の規格住宅「Smart2」
【Smart2】の坪単価
平均坪単価:40万円~50万円
2020年2月から販売を開始した桧屋住宅の規格住宅タイプ。日本建築の伝統的な「雁行配置」という手法を使って立体感を演出する事が出来ます。斜め後方に拡がる室内空間はデザイナーズ住宅のようなデザイン性を実現します。

競合他社の規格住宅は、殆どが箱型の形となりますが、桧屋住宅は敢えてズレを生じさせる事で奥行きや立体感を持たせています。この箱のズレは対角に空間を生み出す事が出来るので、駐車スペースや庭なども確保し易くなるのも大きなメリットです。好みのプランを洋服のコーディネイトのように組み合わせて行く事で、ライフスタイルに合った住まいを実現する事が出来ます。

桧家住宅の住宅性能とアフターサービスを調べよう

住宅性能は住み心地に直結する部分ですし、ここをしっかりチェックしないと後から「失敗した…」と感じてしまう可能性があります。また保証やアフターサービスに関しても実際に住み始めてからの安心感が違います。桧家住宅はどんな住宅性能でどれくらい手厚いアフターサービスを用意しているのか、この項目でチェックしたいと思います。

桧家住宅の工法・構造について

木造軸組工法+耐力面材
桧屋住宅では在来工法(木造軸組工法)とツーバイ工法を融合させた「ハイブリッド工法」を採用しています。柱と筋交いで建物を支える在来工法に加えて、壁倍率2.7倍の耐力面材を加えて、壁でも建物を支える工法です。他社の耐力面材と比較すると壁自体の強度は少し物足りませんが、桧屋住宅の耐力面材は通気性が良いので、高温多湿な日本の気候には合ってそうです。

桧家住宅の耐震性能について

耐震等級3
桧屋住宅は前述のハイブリッド工法に加えて、接合部に耐震金物を採用する事で耐震性を向上させています。在来工法の弱点は接合部とされているので、金物で補強するのは理に叶った手法ではないでしょうか。尚、他にも剛床工法を採用する事で水平剛性を高めているので、地震による建物のねじれを防ぐ対策も施されています。桧家住宅は全棟で「耐震等級3」の耐震性を確保していると公表しているので、一定水準以上の耐震性能に期待して良いと思います。

桧家住宅の断熱性能について

断熱材:アクアフォーム
窓断熱:アルミ樹脂複合サッシ
桧屋住宅は全館空調「Z空調」を推しているので、家の断熱仕様にも注力しています。標準仕様で現場発泡断熱材「アクアフォーム」と「アルミ遮熱材」を組み合わせた「ダブル断熱工法」を採用しています。「ダブル断熱工法」と言えば一般的には断熱材を二重に施工する事を差しますが、桧屋住宅の場合は「アルミ遮熱材」を使用する事もダブル断熱工法と呼んでいるので少し注意が必要です。

但し、競合他社の多くが有料オプション扱いとなる「吹付断熱」を標準仕様で採用しているのは大きな強みです。アクアフォームを開発する日本アクアがヒノキヤグループの傘下に入った為、標準仕様が可能になった経緯があるようです。

桧屋住宅のUA値・C値
UA値:0.56~0.34(HEAT20推奨仕様)
C値:0.7

桧屋住宅では更に断熱性能を向上させた「HEAT20推奨仕様」も追加オプションで採用する事も出来ます。こちらの仕様を採用した場合は「UA値0.56~0..34」を実現する事が可能となります。これだけの住宅性能ならZ空調の性能を最大限引き出す事が出来るでしょう。尚、桧屋住宅の屋根断熱は標準仕様のままでは少し物足りない印象です。予算が許すなら屋根断熱のグレードアップを検討するようにしましょう。

桧家住宅の保証・アフターサービスについて

保証延長制度:最長30年
保証延長条件:5年毎の無償点検・10年毎の有償補修
桧屋住宅では初期保証10年間が用意されています。これは法律で義務付けられた無償で受ける事の出来る保証期間になります。構造上重要な箇所が保証対象になります。保証延長制度は5年毎の無償点検と10年毎の有償メンテナンス工事を受ける事で最大30年迄保証期間を延長する事が出来ます。尚、壊れやすい住宅設備に関しても初期保証10年が付いているので、これに関しては好待遇と考えて良いと思います。

桧家住宅で失敗しない為に口コミや評判を調べよう

桧家住宅で実際にマイホームを建てた人の「失敗談」や「成功段」はとても参考になるものです。「失敗・後悔」している人の意見を反面教師にして、同じ失敗をしないように気を付ける事が出来ますし、逆に「成功・満足」している人の意見や経験談を真似してみると理想のマイホームに一歩近付く事が出来るでしょう。

特にマイホームは一生に一度の大きな買い物ですし、先人達の経験談ほど役に立つものはありません。この項目では桧家住宅で実際に「失敗・後悔」した人の口コミと「成功・満足」している人の口コミをまとめたいと思います。

桧家住宅で失敗・後悔した人の口コミや評判

ここでは実際に桧家住宅で新築した施主さんが「ここ失敗したな‥」「後悔している仕様」といった建物に関する評判と、ローコスト住宅メーカーである桧家住宅と契約したことにさえ失敗・後悔していると感じている人達の具体例を紹介します。一般的にツイッターやブログ、掲示板などに書かれている不満や愚痴などをまとめています。桧家住宅で検討されている人は、先人たちの失敗談を反面教師にして進めると、失敗ポイントを大きく減らせるのではないかと思います。

失敗した人
失敗した人
青空リビングに惹かれて桧家住宅で家を建てましたが、10年目のメンテナンス費用が数百万円掛かるそうです。防水部分は劣化も早いので、安易に間取りに採用してしまうと後悔しますよ
失敗した人
失敗した人
内装は豪華なオプションがあるのですが、外観が凄く地味です。凄く建売っぽさを感じる、良く見かけるタイプの家です。内装やZ空調に魅力に惹かれましたが、外観があまりに地味過ぎて、あまり愛着の湧かない家が出来上がってしまいました
失敗した人
失敗した人
Z空調は確かに家の中の気温が一定になるのですが、冬は本当に乾燥が凄いです。結局各部屋にかなり性能の良い加湿器が必要になり、余計な出費が掛かってしまいました。基本は付けっぱなしなので、電気代も相応に高いと思います

桧屋住宅では様々な提案プランが用意されていますが、その中でも「青空リビング」は人気の間取りです。屋上空間を創るプランなのですが、万が一雨漏りが発生したら全てが台無しになってしまいますし、メンテナンス費用もかなり高額になるようなので、安易に採用してしまわないように慎重に検討を行うようにしましょう。

また、全館空調システムはとても快適なのですが、デメリット面も存在するので慎重な検討が必要です。例えば各部屋にルームエアコンを設置しない場合は、全館空調が故障してしまった場合に、直るまでは空調無しの生活を強いられる事になります。もし真夏に空調が止まってしまったら…と考えれば、リスク面も考慮しておく必要があるでしょう。またZ空調は性能が優秀な反面、家の中が乾燥してしまう懸念も存在します。それも十分考慮した上で導入を考えたいですね。

桧家住宅で失敗・後悔してる人まとめ

・青空リビングはメンテナンス費が高過ぎる
・外観が地味過ぎて愛着が持てない
・Z空調は家の中が乾燥し過ぎて大変

桧家住宅で成功・満足している人の口コミや評判

失敗や後悔の念を抱いている人がいる一方、当然ながら「桧家住宅を選んで良かった!」「桧家住宅のここが好きなポイント」といった好評判な口コミや書きコミなども予め知っておくと、いざ実際に自分が建てる時にみんなに評判の良いポイントを積極的に取り入れられたり、桧家住宅の強みが理解できます。マイホームは高額なので実際に契約した後は色々不安になって調べちゃったりして余計不安になったりするものです。良い評判もちゃんと聞きいれることによって精神衛生上も楽になります。

成功した人
成功した人
全館空調システムやらクチーナグランデやら、あれもこれもと追加したら直ぐ予算オーバーですよ。どれだけ自制出来るかがポイントです。我が家はギリギリ予算内に収まりました。とにかくZ空調が最高です
成功した人
成功した人
Z空調は本当に快適ですね。基本的には毎日付けっぱなしですが、電気代も許容範囲内です。アクアフォームの断熱材も効いているのか、そこまで燃費は悪くない印象ですよ
成功した人
成功した人
内装に統一感を持たせられるセレクタリアが本当に素敵です。オルジナルの住宅設備も価格は高いですが、高級分譲マンションのようなキッチンに憧れていたので、実現する事が出来て本当に良かった

桧屋住宅で新築した7割以上の人がZ空調を採用しているそうです。桧屋住宅でマイホームを建てて満足している人は、やはり全館空調システムの満足度が高いように感じました。また桧屋住宅では水回りを中心にオリジナルの住宅設備を開発しています。どれもラグジュアリーなデザインなので、内装に高級感が欲しい方にはおすすめです。

桧屋住宅で成功・満足している人まとめ

・全館空調「Z空調」の満足度が高い
・オリジナル住宅設備の満足度が高い
・内装に統一感を出せるのでセンス皆無の人でも安心

それぞれ、桧屋住宅で新築して「失敗・後悔」している人の意見と、逆に桧屋住宅で新築して「成功・満足」している人の意見をまとめると、桧屋住宅でマイホームを建てる際に失敗しない為に気を付ける事として以下の点が見えて来ます。

桧屋住宅で失敗・後悔しない為のポイント
・Z空調は故障時のリスクや家の中が乾燥する事も考慮しておく
・青空リビングやなんでもセラーなどの将来的に掛かるメンテナンス費用も考慮しておく
・標準仕様でも本体価格1500万円を超えるケースが多いので、ミドルクラス以上のハスウメーカーとも競合しておく

特に桧屋住宅で「失敗・後悔」しない為に重要なのは「競合他社としっかり比較しておく」事です。

もしあなたが「本命は桧屋住宅」と心に決めていたとしても、必ず競合メーカーとの比較は行うようにしましょう。それが桧屋住宅で失敗しない為に一番重要な事です。

例えば桧屋住宅とほぼ同じ仕様、同じ住宅性能、同じような間取りやデザインの家を他社で500万円安く建てられると知ったら…きっと後悔されますよね。500万円の差なんて有り得ない…なんて思ったら大間違い。注文住宅業界ではこの位の「差」が出るのは当たり前の光景なのです。

つまり、例え本命のハウスメーカーや工務店が心に決まっていたとしても、全く比較検討を行わずに1社だけで商談を進めてしまう事は数百万円の損に成りかねません。

では、桧屋住宅はどのハウスメーカーを競合に据えるべきなのでしょうか。

桧家住宅と比較したいハウスメーカーを調べよう

この項目では桧家住宅と比較すべきハウスメーカーを紹介します。カタログ請求するなら一緒に下記のハウスメーカーのカタログも貰っておくのが効率的です。基本的には桧家住宅と競合し易い「同価格帯」のハウスメーカーをピックアップしますが、工法や構造、または特徴が似ている場合もピックアップします。※お住まいの地域によってはカタログ請求出来ない場合もありますので予めご了承ください。

■ヤマト住建
ローコスト住宅 ヤマト住建平均坪単価:40万円~60万円
工法:木造軸組工法
営業エリア:近畿、中国、中部、関東
ヤマト住建は桧屋住宅と同じく追加費用100万円程で全館空調「ユカコシステム」を採用する事が出来ます。この全館空調は二階に空調室を設置する必要がありますが、ルームエアコン1台で家の空調を管理する事が出来ます。高気密高断熱も桧屋住宅以上の性能なので、是非候補に含めるようにしましょう。
■アエラホーム
ローコスト住宅 アエラホーム平均坪単価:45万円~60万円
工法:木造軸組工法
営業エリア:全国
北海道基準の高気密高断熱住宅で有名なアエラホームも全館空調システム「エアリア」を発売しました。ローコスト住宅メーカーの中では極めて断熱性能優れているアエラホームなので、全館空調システムとのシナジー効果が大きそうです。桧屋住宅と比較をするなら、是非候補に含めておきたいですね。
■クレバリーホーム
ローコスト住宅 クレバリーホーム 平均坪単価:45万円~60万円
工法:木造軸組工法
営業エリア:全国
桧屋住宅が全館空調やオリジナル住宅設備など、内装に注力しているハウスメーカーなら、こちらが逆に外観に注力しているハウスメーカー。クレバリーホームは標準仕様で外壁タイルが標準装備されているので、外観の重厚感は高級注文住宅並みです。
■ユニバーサルホーム
ローコスト住宅 ユニバーサルホーム平均坪単価:50万円~65万円
工法:木造軸組工法
営業エリア:全国
「地熱床システム」を採用しており、1階全部分が床暖房付きが標準仕様。他にもヘーベルハウスの「比類なき壁」で有名なALCコンクリート外壁も標準装備。ローコスト住宅というよりはミドルクラスになりますが、桧屋住宅と比較するなら候補の一角に。
LIFULL HOME’Sで一緒にカタログ請求して、まずは比較してみよう!

実際に桧屋住宅のカタログを取り寄せてみよう

ローコスト住宅 カタログ請求

次は実際に桧屋住宅と複数の競合メーカーのカタログを請求する為の簡単な手順を紹介します。

直接、総合住宅展示場へ行こうと思うと丸1日は予定が潰れてしまいますし、何度も個人情報の記入を求められてしまいます。しかも営業マンに取り囲まれて営業トークの洗礼を受けてしまう訳ですから…何の知識も無いまま住宅展示場へ行ってしまうのはオススメしません。

まずはネットで簡単手続き出来る「カタログ一括請求サービス」を利用する事をオススメします。

当サイトが一番おすすめしたいのがテレビCMでお馴染みの「ライフルホームズ」のカタログ一括請求サービスを利用する事。大手不動産サイトなので安心出来ますし、手順がとても簡単です。

まとめてカタログを一括請求するので、必要事項の記入もカタログの郵送先情報を一度だけ入力するだけ。後は複数のハウスメーカーからカタログが宅急便やメール便で送られて来るだけなのでとても簡単です。

ローコスト住宅カタログ

ローコスト住宅「カタログ一括請求」のすすめ

そしてもう一つ。ハウスメーカー以外にも「地元の優良な工務店」も必ず候補に含めるようにしましょう。これをやっておくだけで「数百万円の差」が出るケースもあります。下記にその理由と地元の優良な工務店を探す方法をまとめたので、是非ご一読下さい!!

CHECK POINT
マイホーム計画を進める上で「地元の優良な工務店」を候補に含める事はとても重要です。これを怠ってしまうと「数百万円単位の損」をしてしまう可能性もあります。詳しくは下記の「最も賢くお得にマイホームを建てる方法を教えます」をチェックしましょう。
ローコスト住宅最も賢くお得に家を建てる方法

最も賢くお得にマイホームを建てる方法を教えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。