サイエンスホームで失敗・後悔しない為のコツ

ローコスト住宅サイエンスホーム

サイエンスホームは2011年設立の若い会社ですが、僅か4年で5倍増の128店舗に急拡大するなど、人気の注文住宅フランチャイズチェーンです。人気の理由は日本伝統の「真壁づくり」をベースにした家づくりを行っている点です。「真壁づくり」と言えば古めの日本住宅で良く見られた工法ですが、「和」のイメージに「洋」を融合させる事で「大正モダン」なデザインを演出する事が出来ます。それが今の若い世代には新鮮に映るのでしょう、以外にも20代~30代の依頼が多いそうです。

「真壁づくり」とは、柱を隠さずに露わにする壁工法の事で、日本の古い家屋や寺社などで良く見られる工法です。柱を露わにする事で木に呼吸させる事が出来るので、高温体質な日本の気候に合った工法と考える事が出来ます。ですが近年は日本の住居は洋式が主流となり、柱を隠す壁工法「大壁づくり」が主流となりました。断熱性能は「大壁づくり」の方が優れているとされているので、こちらが主流になるのも致し方ないのかもしれません。そんな中、サイエンスホームでは敢えて「真壁づくり」を採用する事で他社との差別化に成功しています。

「真壁づくり」と言えば古い日本家屋や寺社などで見られる工法なので、ご年配の方は「古臭い」と感じるかもしれませんが、逆に今の若い世代には「新鮮」に映るというのも面白い部分ですね。特にサイエンスホ0ムでは無垢材や洋風な建具と融合させる事で洗練されたデザイン性を演出しているので、お洒落でモダンなカフェをイメージさせるのでしょう。価格以上に「高見え」するのも人気の理由かもしれません。

またサイエンスホームでは「檜材」を多く使った家づくりを行いながらもコスト削減に成功しています。例えば直に手を触れる部分、良く見る部分には無垢材を使用し、そうでない部分は敢えて価格の安い木材を使用する事でコストを抑えながらも木の温もりを感じる事の出来る家づくりを行っています。この点も人気の理由の一つでしょう。

真壁づくりが印象的なサイエンスホームですが、良い点もあれば悪い点もあるのも否めない事実。ローコスト住宅でマイホームを建てる以上は絶対に失敗・後悔はしたくないとお考えの方も多いと思います。このページでは「サイエンスホームでマイホームを新築するなら絶対に抑えておきたいポイント」を紹介したいと思います。

サイエンスホームの坪単価を商品ごとに調べました

サイエンスホーム 注文住宅 商品
サイエンスホーム【注文住宅】の坪単価

平均坪単価:45万円~55万円
サイエンスホームは完全自由設計の注文住宅と言うよりも、予め用意された提案プランを元にカスタマイズを重ねて行く形式の注文住宅を手掛けています。とは言ってもかなりの自由度はあるので、制限や不便さを感じる事無く家づくりを行って行けるでしょう。一般的な2階建てスタイルは本体価格1700万円程度から新築可能で、ここからカスタマイズして行くと平均坪単価は45万円~60万円程度になるケースが多いようです。

サイエンスホームは真壁づくりの他にもどっしりとした存在感のある大黒柱を置く設計を得意としています。またリビングに開放感を与える吹き抜けも印象的です。これらのデザイン性を一番活かせるのが2階建プラン。真壁づくりと開放的な空間を活用した内装デザインは、お洒落なカフェを彷彿とさせるので一見の価値有りだと思います。

サイエンスホームの平屋住宅は、坪単価や価格はどれぐらい!?

サイエンスホーム 平屋住宅
サイエンスホーム【平屋住宅】の坪単価

平均坪単価:50万円~60万円
サイエンスホームの平屋住宅は本体価格は1390万円から新築可能で、ロフトのある1.5階タイプは本体価格1450万円から新築可能です。平屋住宅は延床面積が少ないので坪単価で見ると少し割高に感じてしまいますが、本体価格で見ればかなりリーズナブルなのが判ると思います。

平屋住宅を建てる場合は、ある程度の広い土地が必要になります。それでも近年、平屋住宅の人気は再燃しているそうです。理由の一つはやはり老後の住まいとして考えた場合、どうしても階段の昇り降りが億劫になってしまう事が挙げられると思います。2階建てや3階建ての家を建てても、中々上の階には昇らない高齢者の方も増えているそうです。また万が一、家族に車椅子が必要になってしまった場合の事を考慮すると、究極のバリアフリーとなる平屋住宅は生涯暮らす事の出来る終の住処として考え易いのかもしれませんね。

サイエンスホームの規格住宅は、坪単価や価格はどれくらい!?

サイエンスホーム 規格住宅 檜づくしの家
サイエンスホーム【檜づくしの家】の坪単価

平均坪単価:45万円~60万円
国産のひのき材を贅沢に使用した「檜づくしの家」はライフスタイルに合わせて好みのプランを組み合わせる事の出来る規格住宅です。その組み合わせの数は「35万8640通り」にものぼり、個性的なマイホームを実現する事が出来ます。

サイエンスホームではオール国産のひのき材を使用した規格住宅が人気です。家の中で森林浴を感じる事が出来る位、木の温もりを感じる事が出来るので、健康にも環境にも優しいマイホームを実現する事が出来ます。実は人は木に触れた時にリラックス効果が起きている事が化学的にも実証されています。リラックス出来るマイホーム、居心地の良いマイホームを実現したい方は、サイエンスホームの【檜づくしの家】を検討してみては如何でしょうか。尚、【檜づくしの家】で使用されている檜素材は以下の部分です。

【檜づくしの家】檜素材使用箇所
土台/柱や梁/窓枠/外部化粧垂木/フローリング/階段/手すり/内部化粧垂木/建具や家具/下駄箱

サイエンスホームの住宅性能とアフターサービスを調べよう

住宅性能は住み心地に直結する部分ですし、ここをしっかりチェックしないと後から「失敗した…」と感じてしまう可能性があります。また保証やアフターサービスに関しても実際に住み始めてからの安心感が違います。サイエンスホームはどんな住宅性能でどれくらい手厚いアフターサービスを用意しているのか、この項目でチェックしたいと思います。

サイエンスホームの工法・構造について

木造軸組工法+耐力面材
サイエンスホームは日本伝統の在来工法(木造軸組工法)と木質パネルを組み合わせた「ハイブリッド工法」を採用しています。在来工法の設計自由度とツーバイ工法の頑丈な構造、良いとこ取りをした現代の木造住宅の主流工法ですね。尚、サイエンスホームでは独自の施工法と精度の高いプレカットで加工された集成材を使用する事で工期の大幅な短縮を実現。コスト削減に一役買っています。

サイエンスホームの耐震性能について

耐震等級2相当
サイエンスホームの公式ホームページ上には耐震等級に関する記述はありませんが、加盟店に直接ヒアリングしたところ、最低でも耐震等級2相当を確保した上で設計がされているそうです。施主が希望するなら耐震等級3相当の設計も可能ですが、その場合は設計にある程度の制限が設けられるそうです。これは仕方ない部分ですね。設計の自由度を取るか、耐震性能を取るか慎重に検討するようにしましょう。

サイエンスホームの断熱性能について

断熱材:クランボード
窓断熱:アルミ樹脂複合サッシ
サイエンスホームは外張り断熱工法を採用しています。この断熱工法は外側からぐるりと断熱材で包む効果で高い断熱性能を有する事が出来るとされています。使用している断熱材はクランボードと呼ばれる硬質ウレタンボードですが、加盟店のエリアによっては断熱仕様が異なる場合があるようです。窓断熱に関しても寒冷地などでは樹脂サッシなどを採用されている場合があるようです。

サイエンスホームのUA値・C値
断熱性能:UA値0.6以下
気密性能:C値0.7以下(ZEH仕様)

サイエンスホームの公式ホームページ上では、UA値を公表している訳ではありませんが、千葉県の加盟店の情報によると2020年省エネ基準の「UA値0.6以下」はクリアしているそうです。またC値に関しては名古屋の加盟店が実際に気密測定を行った結果「C値0.7以下」である事を実証しています。勿論、住まいの仕様や施工技術によって「差」が出る部分ではありますが、参考値として考えたいですね。

サイエンスホームの保証・アフターサービスについて

保証延長制度:表記なし
保証延長条件:表記なし
サイエンスホームは建てた後の保証やアフターサービスに関して、公式ホームページ上に記載がありません。重要な構造躯体部分と雨水の侵入部分に関しては、法律で10年間の保証が義務付けられているので、10年間の保証は付いていますが、保証延長制度は無いものと考えた方が良いのかもしれませんね。これに関しては今後改善される可能性は高いですし、加盟の工務店次第では保証延長制度を別途で用意している場合もあると思います。もし検討する場合は事前に直接ヒアリングされる事を推奨致します。

サイエンスホームで失敗しない為に口コミや評判を調べよう

サイエンスホームで実際にマイホームを建てた人の「失敗談」や「成功段」はとても参考になるものです。「失敗・後悔」している人の意見を反面教師にして、同じ失敗をしないように気を付ける事が出来ますし、逆に「成功・満足」している人の意見や経験談を真似してみると理想のマイホームに一歩近付く事が出来るでしょう。

特にマイホームは一生に一度の大きな買い物ですし、先人達の経験談ほど役に立つものはありません。この項目ではサイエンスホームで実際に「失敗・後悔」した人の口コミと「成功・満足」している人の口コミをまとめたいと思います。

サイエンスホームで失敗・後悔した人の口コミ

ここでは実際にサイエンスホームで新築した施主さんが「ここ失敗したな‥」「後悔している仕様」といった建物に関する評判と、ローコスト住宅メーカーであるサイエンスホームと契約したことにさえ失敗・後悔していると感じている人達の具体例を紹介します。

一般的にツイッターやブログ、掲示板などに書かれている不満や愚痴などをまとめています。サイエンスホームで検討されている人は、先人たちの失敗談を反面教師にして進めると、失敗ポイントを大きく減らせるのではないかと思います。

失敗した人
失敗した人
外張り断熱だから吹き抜けを作っても家の中が暖かいですよ!と担当の営業マンに言われたので採用しましたが、冬は寒いです。ダブル断熱採用しないと後悔しますよ…
失敗した人
失敗した人
アフターサービスは無いものと思った方が良いです。建てて終わりって感じで少し冷たい感じはしますね。冷たいのはアフターサービスだけではなくて、断熱性も標準仕様のままでは物足りないと思います。これは本当に失敗したなと感じています
失敗した人
失敗した人
鬼滅の刃の流行があって、大正モダンなサイエンスホームに惹かれて契約しました。最初は新鮮で良かったのですが、良く見ると古臭いと言うか…あまり都会的ではないですよね。斬新なデザインは最初は良く映えるのですが飽きるのも早いですね。少し後悔しています

サイエンスホームは日本伝統の「真壁づくり」が印象的です。日本の古い家屋では良く見られた工法ですが、現在は柱を隠す「大壁づくり」が主流です。大壁づくりの方が断熱性に優れており、真壁づくり最大の弱点は「断熱性能」と考えるべきでしょう。それを補う為に外張り断熱工法が採用されていますが、標準仕様では少し物足りない印象です。特に冷暖房効率の低い吹き抜けや天井高の間取りを採用する場合は、断熱性能のグレードアップは検討するようにしたいですね。また、保証やアフターサービスに関しては今後の改善に期待したいところです。

サイエンスホームで失敗・後悔してる人まとめ

・標準の断熱仕様では物足りない
・保証やアフターサービスが手薄で物足りない
・斬新なデザインは最初は新鮮だけど飽きるのも早い

サイエンスホームで成功・満足している人の口コミや評判

失敗や後悔の念を抱いている人がいる一方、当然ながら「サイエンスホームを選んで良かった!」「サイエンスホームのここが好きなポイント」といった好評判な口コミや書きコミなども予め知っておくと、いざ実際に自分が建てる時にみんなに評判の良いポイントを積極的に取り入れられたり、サイエンスホームの強みが理解できます。マイホームは高額なので実際に契約した後は色々不安になって調べちゃったりして余計不安になったりするものです。良い評判もちゃんと聞きいれることによって精神衛生上も楽になります。

成功した人
成功した人
和モダンな家で友人からの評価は上々です。少し変わった家を作りたい人には良いかも。木の温もりも感じる事が出来ます
成功した人
成功した人
真壁づくりに無垢材を豊富に使った内装なので、パッと見は物凄く高級住宅に見えるそうです。遊びに来た友達に坪単価を言うと驚かれますよ。価格以上に高見えする家って満足度も高いですよね
成功した人
成功した人
家の中が木の香りに包まれていて、家の中でマイナスイオンを浴びているような感覚があります。とてもリラックス出来る家に仕上がったので、加盟店さんに感謝しています

サイエンスホームで成功している人、満足している人の多くは「真壁づくり」のデザイン性や木の温もりを感じられる造りに惹かれている人が多いように感じます。特に「真壁づくり」に関しては、他社で再現しようとすると現在の主流工法ではない分、割高になってしまう場合が多いです。サイエンスホームなら安価に実現する事が出来るので、価格以上に「高見え」するといった声が多いのが特徴的です。また直に触れる部分に無垢材を使用する事で、家の中で森林浴をしているような感覚を得る事が出来るのも満足度を高めているポイントでしょうか。同じ感覚を得られるのは輸入住宅を手掛ける《スウェーデンハウス》や国産木材を多数採用する《住友林業》など、高級注文住宅ばかり。サイエンスホームはローコスト価格帯である事を考慮すれば、かなりコスパに優れた注文住宅を手掛けていると考える事が出来ると思います。

サイエンスホームで失敗・後悔してる人まとめ

・価格以上に高見えする
・家の中で木の温もりを感じられる
・和と洋を融合させたお洒落なデザイン性

それぞれ、サイエンスホームで新築して「失敗・後悔」している人の意見と、逆にサイエンスホームで新築して「成功・満足」している人の意見をまとめると、サイエンスホームでマイホームを建てる際に失敗しない為に気を付ける事として以下の点が見えて来ます。

アキュラホームで失敗・後悔しない為のポイント

・吹き抜けなど採用する場合は断熱仕様のグレードアップも検討する
・本当に「真壁づくり」のデザイン性が好きなのか慎重に考える
・標準仕様でも本体価格1500万円を超えるケースが多いので、ミドルクラス以上のハスウメーカーとも競合しておく

特にサイエンスホームで「失敗・後悔」しない為に重要なのは「競合他社としっかり比較しておく」事です。

もしあなたが「本命はサイエンスホーム」と心に決めていたとしても、必ず競合メーカーとの比較は行うようにしましょう。それがサイエンスホームで失敗しない為に一番重要な事です。

例えばサイエンスホームとほぼ同じ仕様、同じ住宅性能、同じような間取りやデザインの家を他社で500万円安く建てられると知ったら…きっと後悔されますよね。500万円の差なんて有り得ない…なんて思ったら大間違い。注文住宅業界ではこの位の「差」が出るのは当たり前の光景なのです。

つまり、例え本命のハウスメーカーや工務店が心に決まっていたとしても、全く比較検討を行わずに1社だけで商談を進めてしまう事は数百万円の損に成りかねません。

では、サイエンスホームはどのハウスメーカーを競合に据えるべきなのでしょうか。

サイエンスホームと比較したいハウスメーカーを調べよう

この項目ではサイエンスホームと比較すべきハウスメーカーを紹介します。カタログ請求するなら一緒に下記のハウスメーカーのカタログも貰っておくのが効率的です。基本的にはサイエンスホームと競合し易い「同価格帯」のハウスメーカーをピックアップしますが、工法や構造、または特徴が似ている場合もピックアップします。※お住まいの地域によってはカタログ請求出来ない場合もありますので予めご了承ください。

■アイフルホーム
ローコスト住宅 アイフルホーム平均坪単価:45万円~55万円
工法:木造軸組工法+耐力壁
営業エリア:全国
住宅設備最大手のLIXILグループが手掛けるローコスト住宅の注文住宅ブランドで、住宅業界最大規模のフランチャイズチェーンを展開。品質の良いLIXIL製の住宅設備を安価に仕入れる事が出来るので低価格でも満足度の高い住まいを提供する事が出来ます。2020年4月から商品構成を「FAVO(フェイボ)」1本に刷新しています。
■アキュラホーム
ローコスト住宅 アキュラホーム平均坪単価:40万円~50万円
工法:木造軸組工法+耐力壁
営業エリア:全国
アキュラホームはローコスト住宅の草分け的な存在です。サイエンスホームと同じくフランチャイズ展開しているハウスメーカーなので、比較し易いと思います。「品質も価格も諦めない」をモットーに低価格ながらも高品質な住まいを提供しています。2020年から新たな商品基盤として「大空間の家」を発売しています。
■セルコホーム
ローコスト住宅 セルコホーム平均坪単価:50万円~60万円
工法:木造2×4工法
営業エリア:全国
サイエンスホームが「和」と「洋」の融合なら、こちらは完全に「洋」となる輸入住宅専門のフランチャイズ。個性的なデザイン性に惹かれる方には趣向こそ違いますがこちらも一度は検討してみて欲しいですね。レンガ外壁のオプションを採用すれば、東京駅のような「大正モダン」な家を実現する事も出来ると思います。
■アイ工務店
ローコスト住宅 アイ工務店平均坪単価:45万円~55万円
工法:木造軸組工法+耐力壁
営業エリア:関西・中国・関東・東海
1㎜単位の自由設計と「大手より30%安くできる」をキャッチコピーに3年連続で売上伸び率が1位になるなど、飛ぶ鳥を落とす勢いで急成長しているハウスメーカーです。在来工法に接合部の金物工法、壁倍率5倍の耐力壁など、大手と比肩する性能を低価格で販売しているのでチェック推奨のハスウメーカーです。
LIFULL HOME’Sで一緒にカタログ請求して、まずは比較してみよう!

実際にサイエンスホームのカタログを取り寄せてみよう

ローコスト住宅 カタログ請求

次は実際にサイエンスホームと複数の競合メーカーのカタログを請求する為の簡単な手順を紹介します。

直接、総合住宅展示場へ行こうと思うと丸1日は予定が潰れてしまいますし、何度も個人情報の記入を求められてしまいます。しかも営業マンに取り囲まれて営業トークの洗礼を受けてしまう訳ですから…何の知識も無いまま住宅展示場へ行ってしまうのはオススメしません。

まずはネットで簡単手続き出来る「カタログ一括請求サービス」を利用する事をオススメします。

当サイトが一番おすすめしたいのがテレビCMでお馴染みの「ライフルホームズ」のカタログ一括請求サービスを利用する事。大手不動産サイトなので安心出来ますし、手順がとても簡単です。

まとめてカタログを一括請求するので、必要事項の記入もカタログの郵送先情報を一度だけ入力するだけ。後は複数のハウスメーカーからカタログが宅急便やメール便で送られて来るだけなのでとても簡単です。

ローコスト住宅カタログ

ローコスト住宅「カタログ一括請求」のすすめ

そしてもう一つ。ハウスメーカー以外にも「地元の優良な工務店」も必ず候補に含めるようにしましょう。これをやっておくだけで「数百万円の差」が出るケースもあります。下記にその理由と地元の優良な工務店を探す方法をまとめたので、是非ご一読下さい!!

CHECK POINT
マイホーム計画を進める上で「地元の優良な工務店」を候補に含める事はとても重要です。これを怠ってしまうと「数百万円単位の損」をしてしまう可能性もあります。詳しくは下記の「最も賢くお得にマイホームを建てる方法を教えます」をチェックしましょう。
ローコスト住宅最も賢くお得に家を建てる方法

最も賢くお得にマイホームを建てる方法を教えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。