泉北ホームで失敗・後悔しない為のコツ

ローコスト住宅 泉北ホーム

泉北ホームは大阪府を中心に近畿圏に営業エリアを展開している地域密着型のハウスメーカーです。大阪府下では12年連続1位の施工棟数を達成しているそうです。近畿圏ではかなりの支持を集めているみたいですね。

支持を集めている理由は「安く品質の良い家」を提供出来ているからではないでしょうか。泉北ホームでは「フル装備の家」の商品展開を行っており、他社では有料オプションになるような住宅設備を全てパッケージングされた商品を販売しています。

住宅設備だけではなく、肝心の住宅性能が優秀な点も特筆すべき点です。泉北ホームでは耐震性に優れた木造2×4工法を採用していますし、全棟で許容応力計算を実施しています。木造2階建て以下の住宅は構造計算の必要は無いのですが、泉北ホームは全棟で実施。こういった真摯な取り組みも地元で信頼を勝ち取っている要因の一つではないでしょうか。

他にも住み心地に直結する「断熱性能」や「気密性能」も明確に公表していて、一番安い商品でもZEH水準を超える断熱性能を保持、商品構成も分かり易く3段階に分けられていて、しかも「税込価格」の明朗会計。これは人気が出るのも頷けますね。

とは言えども、ローコスト住宅でマイホームを建てる以上は絶対に失敗・後悔はしたくないとお考えの方も多いと思います。このページでは「泉北ホームでマイホームを新築するなら絶対に抑えておきたいポイント」を紹介したいと思います。

泉北ホームの坪単価を商品ごとに調べました

泉北ホーム 商品 坪単価
フル装備の家
泉北ホームの商品は全て「フル装備の家」ですが、グレードや価格が3段階に分けられています。
平均坪単価:60万円~65万円
「UA値0.5以下」「C値0.83以下」「耐震等級3」など、高い住宅性能水準と「大手メーカーより2ランク上の上質な設備」が標準装備されたパッケージです。大手と比較すればかなりお得なのが判ると思います。
平均坪単価:55万円~60万円
「UA値0.58以下」「C値0.9以下」「耐震等級3」の住宅性能に「大手ハウスメーカーと同等の住宅設備」を備えたパッケージです。ローコスト住宅としては高いですが、かなりお得なプランです。
平均坪単価:50万円~55万円
「UA値0.58以下」「C値0.75以下」「耐震等級3」の住宅性能を備えたスマイルパッケージは本体価格1555万円(税込)で住宅設備もフル装備。平均坪単価50万円前後での購入も視野に入って来ます。

泉北ホームの「フル装備の家」は基本的には規格住宅ベースです。予め用意された様々な間取りプランからカスタマイズをして行く方式です。規格住宅ベースの家は設計やデザインの自由度が少ない代わりに、価格をグッと抑える事が出来るのが大きな特徴。規格住宅ベースの場合、資材を大量製造出来ますし、ストックもしておけるので価格を抑える事が出来ます。そうでなければ泉北ホームの住宅性能や設備でこの価格に抑えるのは難しいでしょう。つまりコスパを重視したいと考えている方にとって、内容的にとても魅力的なハウスメーカーに映るのではないでしょうか。

泉北ホームの平屋住宅は、坪単価や価格はどれぐらい!?

泉北ホーム 平屋住宅 坪単価
【フル装備の家(平屋)】の坪単価
平均坪単価:55万円~65万円
泉北ホームのフル装備の家は平屋住宅も勿論可能です。平屋住宅の場合延床面積が少ないので坪単価で計算すると割高に感じてしまうかもしれませんが、本体価格自体は安く収める事が出来るでしょう。回遊動線や生活動線を考慮した間取りが採用されています。

泉北ホームは平屋住宅を「終の住処」として考えていて、高齢者は朝が早いので「生活スペースを南側から設置する」等、様々な配慮がなされています。正直、そこまで考えられた間取りプランは中々無いので驚きました。

平屋住宅最大のメリットは階段の昇り降りが無いので究極のバリアフリー住宅を実現出来る事。また屋根や外壁のメンテナンス時に足場を造る必要が無いので、費用を抑える事が出来る事などが挙げられます。もし土地を広く用意する事が出来るなら平屋住宅こそがマストな選択と言っても過言ではないと思います。

泉北ホームの規格住宅は、坪単価や価格はどれくらい!?

泉北ホームは公式ホームページ上では「全て自由に設計可能」としていますが、基本的には規格住宅ベース。多様な提案プランを用意し、その中で施主の要望に一番合う間取りプランを選び、そこからカスタマイズをして行く形式となります。

完全オーダーメイドのようなキメ細かい設計や拘りのデザインなどは実現する事が難しいので考慮するようにしましょう。但し、規格住宅ベースと言っても内装・外観共に多様なパターンが用意されているので施主の好みに合うプランはきっと見つかる筈です。

泉北ホームの住宅性能とアフターサービスを調べよう

住宅性能は住み心地に直結する部分ですし、ここをしっかりチェックしないと後から「失敗した…」と感じてしまう可能性があります。また保証やアフターサービスに関しても実際に住み始めてからの安心感が違います。泉北ホームはどんな住宅性能でどれくらい手厚いアフターサービスを用意しているのか、この項目でチェックしたいと思います。

泉北ホームの工法・構造について

木造2×4工法
泉北ホームは北米生まれの木造2×4工法を採用しています。この工法は北米大陸や北欧など、寒冷地で主に採用される工法で、家の耐久力や断熱性に優れた工法とされています。日本伝統の在来工法が柱や梁で建物を支える構造なのに対して、ツーバイ工法は壁で建物を支える構造をしています。泉北ホームでは一般的な2×4工法の約2倍の木材を使用する事で、更に強度を高めています。

泉北ホームの耐震性能について

耐震等級3
泉北ホームでは全棟で耐震等級3を取得しています。泉北ホームは前述の通り、建物強度の高い木造2×4工法を採用しているので、耐震性も優れています。泉北ホームでは全棟で「許容応力度計算」を行っています。木造の住宅は2階建て以下の場合は構造計算の必要は無いのですが、泉北ホームではしっかり構造計算を行っています。「壁量計算」しか行わない競合他社に比べると、しっかりと「許容応力度計算」を実施しているのは好感が持てますよね。

泉北ホームの断熱性能について

断熱材:吹付断熱
泉北ホームでは現場発泡系の断熱仕様を標準仕様としています。他社ではオプション扱いになる場合が多いので、これはお得に感じる方も多いと思います。

泉北ホームでは現場発泡の吹付ウレタン断熱材を標準仕様として採用しています。現場発泡系の断熱仕様は有料オプション扱いにするところが多いので、これだけでもお得に感じられる部分ですね。屋根と外壁にはフォームライトSL、床断熱にはモコフォームという断熱材を採用しています。

一般的なグラスウールの断熱材に比べて約1.3倍の断熱性能がありますし、現場発泡系の断熱材は柱や壁に隙間無く施工する事が出来るので高い断熱性と気密性に期待する事が出来ます。更に断熱材の上から「防湿気密シート」を施工するので、湿気が壁の中に入るのをカバーしてくれます。耐久性と気密性を向上させている訳ですね。

泉北ホームのUA値・C値
【プレミアム】:「UA値0.5以下」「C値0.83以下」
【メジャー】:「UA値0.58以下」「C値0.9以下」
【スマイル】:「UA値0.58以下」「C値0.75以下」

尚、泉北ホームでは更に高気密高断熱仕様として「プラスサーモ」と呼ばれるオプションを採用する事が出来ます。こちらの仕様は2×6工法で壁を分厚く出来るので、「UA値0.38」「C値0.47」と住宅業界でも高水準な高気密高断熱住宅を実現する事が出来ます。

泉北ホームの保証・アフターサービスについて

保証延長制度:最長30年
保証延長条件:10年目以降5年毎の有償点検・補修
泉北ホームの初期保証期間は10年間、これは他のローコスト住宅メーカーと同じです。保証延長制度は30年目まで延長する事が出来ますが、10年目以降に5年毎の有償点検と補修が必要になるので少し費用が気になります。保証延長制度を利用をお考えの方は予めどの位の費用が掛かるのかを直接ヒアリングするようにしましょう。

泉北ホームで失敗しない為に口コミや評判を調べよう

泉北ホームで実際にマイホームを建てた人の「失敗談」や「成功段」はとても参考になるものです。「失敗・後悔」している人の意見を反面教師にして、同じ失敗をしないように気を付ける事が出来ますし、逆に「成功・満足」している人の意見や経験談を真似してみると理想のマイホームに一歩近付く事が出来るでしょう。

特にマイホームは一生に一度の大きな買い物ですし、先人達の経験談ほど役に立つものはありません。この項目では泉北ホームで実際に「失敗・後悔」した人の口コミと「成功・満足」している人の口コミをまとめたいと思います。

泉北ホームで失敗・後悔した人の口コミ

ここでは実際に泉北ホームで新築した施主さんが「ここ失敗したな‥」「後悔している仕様」といった建物に関する評判と、ローコスト住宅メーカーである泉北ホームと契約したことにさえ失敗・後悔していると感じている人達の具体例を紹介します。

一般的にツイッターやブログ、掲示板などに書かれている不満や愚痴などをまとめています。泉北ホームで検討されている人は、先人たちの失敗談を反面教師にして進めると、失敗ポイントを大きく減らせるのではないかと思います。

失敗した人
フル装備という割には、そこまで豪華な設備が付いている訳でもなく、家も普通の建売住宅のような佇まいになってしまいました。内装の品質もあまり良くないです。価格相応な家に仕上がってしまったのが残念です
失敗した人
断熱性や気密性を重視しているせいか天井も低いし窓も小さくて家の中が圧迫感あるんですよね。閉所恐怖症の類なので少し息苦しく感じてしまいます。これは失敗したかも…
失敗した人
確かにコスパは良いが、アフターサービス最悪です。引き渡し時の不具合も修繕する約束を放ったらかしにされました。何度も電話してようやく直して貰いましたが半年も掛かりました

泉北ホームは大阪を中心に近畿圏でローコスト住宅を手掛けています。コスト削減が徹底されているので、低価格帯で高品質な住まいを提供していますが、品質の面では少し安っぽく感じられる部分は多々あるかもしれません。価格相応と言えばそうなのですが、賃貸住宅のような品質感を感じてしまうと満足感は得られないので不満に感じてしまうかもしれませんね。また断熱性を重視している為に窓などの開口部が狭い造りだったり、最近流行の天井高や大空間リビングなどの実現は難しい場合があります。これはツーバイ工法の弊害でもあるのですが、設計自由度が低い点は予め考慮しておくようにしましょう。また実際に泉北ホームで建てた人の意見ではアフターサービスに対する不満も多いようです。

泉北ホームで失敗・後悔してる人まとめ

・内装の品質が安っぽい
・開口部が狭く大胆な間取り設計が出来ない
・アフターサービスが悪い

泉北ホームで成功・満足している人の口コミや評判

失敗や後悔の念を抱いている人がいる一方、当然ながら「泉北ホームを選んで良かった!」「泉北ホームのここが好きなポイント」といった好評判な口コミや書きコミなども予め知っておくと、いざ実際に自分が建てる時にみんなに評判の良いポイントを積極的に取り入れられたり、泉北ホームの強みが理解できます。マイホームは高額なので実際に契約した後は色々不安になって調べちゃったりして余計不安になったりするものです。良い評判もちゃんと聞きいれることによって精神衛生上も楽になります。

成功した人
住宅性能がそこそこ良くて、装備もそこそこ良い。平均以上の家を安く買いたかった私には、泉北のスマイルパッケージはマストな選択です
成功した人
関西圏ならやっぱり泉北が良いですね。デザイナーズ住宅みたいな家は建てれないけど、住宅性能の高いマイホームを安く建てる事が出来ます。派手さはありませんが質実剛健です
成功した人
少しでも安くしたかったので、フル装備の家はカーテンやエアコンなど後から費用の掛かるものまでコミコミ価格になっているので助かりました

泉北ホームで成功・満足している人の意見をまとめると、やはり「価格の安さ」や「住宅性能」、またフル装備の家の「コスパの良さ」を挙げる人が多いです。耐震等級3の安心感とUA値やC値に裏打ちされた断熱性能水準の高さは説得力がありますし、住宅設備も一定水準以上のものを装備しています。規格住宅ベースの家づくりなので設計の自由度こそありませんが、大阪府下で12年連続着工数1位の施工実績とノウハウで、生活動線に優れた間取りや人気のプランなど、好みのプランが見つかると思います。そこから自分だけのオリジナリティを加える事も可能なので、余程の拘りが無ければ満足出来るカスタマイズ性も確保していると思います。

泉北ホームで成功・満足してる人まとめ

・価格の安さが魅力
・耐震性能や断熱性能など住宅性能の満足度が高い
・フル装備の家がコスパ優秀

それぞれ、泉北ホームで新築して「失敗・後悔」している人の意見と、逆に泉北ホームで新築して「成功・満足」している人の意見をまとめると、泉北ホームでマイホームを建てる際に失敗しない為に気を付ける事として以下の点が見えて来ます。

ヤマダホームズで失敗・後悔しない為のポイント
・営業マンとの相性が悪ければ早めに交代してもらう
・予算が許すなら断熱材や窓断熱のオプション採用を検討する
・施工現場にはマメに足を運び、不備が無いか細かくチェックする。

特に泉北ホームで「失敗・後悔」しない為に重要なのは「競合他社としっかり比較しておく」事です。

もしあなたが「本命は泉北ホーム」と心に決めていたとしても、必ず競合メーカーとの比較は行うようにしましょう。それが泉北ホームで失敗しない為に一番重要な事です。

例えば泉北ホームとほぼ同じ仕様、同じ住宅性能、同じような間取りやデザインの家を他社で500万円安く建てられると知ったら…きっと後悔されますよね。500万円の差なんて有り得ない…なんて思ったら大間違い。注文住宅業界ではこの位の「差」が出るのは当たり前の光景なのです。

つまり、例え本命のハウスメーカーや工務店が心に決まっていたとしても、全く比較検討を行わずに1社だけで商談を進めてしまう事は数百万円の損に成りかねません。では、泉北ホームはどのハウスメーカーを競合に据えるべきなのでしょうか。

泉北ホームと比較したいハウスメーカーを調べよう

この項目では泉北ホームと比較すべきハウスメーカーを紹介します。カタログ請求するなら一緒に下記のハウスメーカーのカタログも貰っておくのが効率的です。基本的には泉北ホームと競合し易い「同価格帯」のハウスメーカーをピックアップしますが、工法や構造、または特徴が似ている場合もピックアップします。※お住まいの地域によってはカタログ請求出来ない場合もありますので予めご了承ください。

■ヤマダホームズ
ローコスト住宅 ヤマダホーム平均坪単価:45万円~65万円
工法:木造軸組工法
営業エリア:全国
ヤマダホームズも泉北ホームと同じように「スーパーフル装備の家」という商品を用意しています。こちらは新居で必要になる家具や家電をヤマダ電機の店舗に行って選ぶ事が出来るそうです。価格帯的にも競合するので、比較検討する場合は候補に含めておきたいですね。
■アイ工務店
ローコスト住宅 アイ工務店平均坪単価:45万円~55万円
工法:木造軸組工法
営業エリア:関西・中国・関東・東海
近年、飛ぶ鳥を落とす勢いで着工数を伸ばしているのがアイ工務店です。1㎜単位の自由設計と「大手より30%安くできる」を掲げています。泉北ホームと同じく吹付断熱が標準仕様、2020年からZEH基準を標準師yぴで採用するなど、住宅性能も価格面も競合として比較したいですね。
■飯田産業
ローコスト住宅 飯田産業平均坪単価:30万円~45万円
工法:木造軸組工法
営業エリア:全国
「いいだのいい家」でお馴染みの飯田産業グループは年間46000棟も着工する日本一のパワービルダーです。土地とセットで販売する建売分譲がメインですが注文住宅も手掛けています。年間着工数を武器にした大量生産でスケールメリットがあるので安くても高品質な家を提供出来るのが強みです。
■ゼロキューブ
ローコスト住宅 ゼロキューブ平均坪単価:35万円~45万円
工法:木造2×4工法
営業エリア:全国
泉北ホームと同じ木造2×4工法を採用しているハウスメーカーとして、四角い外観が印象的なゼロキューブを候補として挙げたいと思います。吹き抜けのあるリビングやガルバリウム鋼板の外壁など、シンプル且つ洗練されたデザイン性は若者からの人気が高いです。ZEHモデルなら性能も及第点です。
LIFULL HOME’Sで一緒にカタログ請求して、まずは比較してみよう!

実際に泉北ホームのカタログを取り寄せてみよう

ローコスト住宅 カタログ請求

次は実際に泉北ホームと複数の競合メーカーのカタログを請求する為の簡単な手順を紹介します。

直接、総合住宅展示場へ行こうと思うと丸1日は予定が潰れてしまいますし、何度も個人情報の記入を求められてしまいます。しかも営業マンに取り囲まれて営業トークの洗礼を受けてしまう訳ですから…何の知識も無いまま住宅展示場へ行ってしまうのはオススメしません。

まずはネットで簡単手続き出来る「カタログ一括請求サービス」を利用する事をオススメします。

当サイトが一番おすすめしたいのがテレビCMでお馴染みの「ライフルホームズ」のカタログ一括請求サービスを利用する事。大手不動産サイトなので安心出来ますし、手順がとても簡単です。

まとめてカタログを一括請求するので、必要事項の記入もカタログの郵送先情報を一度だけ入力するだけ。後は複数のハウスメーカーからカタログが宅急便やメール便で送られて来るだけなのでとても簡単です。

ローコスト住宅カタログ

ローコスト住宅「カタログ一括請求」のすすめ

そしてもう一つ。ハウスメーカー以外にも「地元の優良な工務店」も必ず候補に含めるようにしましょう。これをやっておくだけで「数百万円の差」が出るケースもあります。下記にその理由と地元の優良な工務店を探す方法をまとめたので、是非ご一読下さい!!

CHECK POINT
マイホーム計画を進める上で「地元の優良な工務店」を候補に含める事はとても重要です。これを怠ってしまうと「数百万円単位の損」をしてしまう可能性もあります。詳しくは下記の「最も賢くお得にマイホームを建てる方法を教えます」をチェックしましょう。
ローコスト住宅 最も賢くお得に家を建てる方法

最も賢くお得にマイホームを建てる方法を教えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。