秀光ビルドで失敗・後悔しない為のコツ

ローコスト住宅秀光ビルド

秀光ビルドは石川県に本拠を置き、北海道・沖縄・関東を除く全国に営業エリアを拡大しているハウスメーカーです。住宅業界の常識を変える「フルサポートコミコミ価格」で明朗会計なローコスト住宅を手掛け、年間3000棟を超える着工数を手掛けるなど、飛ぶ鳥を落とす勢いで成長しています。

秀光ビルドといえば、2017年に週刊文春から「欠陥住宅」が報じられた事で有名なローコスト住宅です。あの報道以降、秀光ビルドの家づくりはどう変わったのでしょうか。このページで詳しくまとめたいと思います。

2017年3月に週刊文春で報じられた「欠陥住宅」の記事は、当時の「Yahoo!ニュース」トップでも報じられました。内容としては「床下の構造材が上下でズレている」「耐力面材が継ぎ接ぎで使用されていた」等が写真付きで報じられていました。この報道を見て「ローコスト住宅は安かろう悪かろう」といったイメージを持たれてしまった方も多いと思います。

秀光ビルドはこの報道を受けて、施行中に第三者機関による全10回の検査と行程の写真公開義務を決定、また現場でクレームのあった大工や職人は二度と採用しない等の改善策を発表しました。秀光ビルドも一度このような報道があった事で、社内ルールも厳格化されたのではないでしょうか。何しろ、もう一度同じ事が起きれば、会社は潰れてしまう程のバッドイメージが付いてしまう事になりますから。欠陥工事などが起きないよう、最新の注意が払われているものと考えて良いかもしれません。少なくとも、これから秀光ビルドでマイホームを建てられる方にとっては、先のスクープ報道はプラスに働く可能性が高いのではないでしょうか。

秀光ビルドの「フルサポートコミコミ価格」は、家を建てる為に必要な申請費用~工事~住宅設備~保証・アフターサービスまで全てをコミコミ価格の明朗会計。必要な費用が明確に判るので、予算計画が立て易いメリットもあるでしょう。また価格帯もかなり割安な設定で、注文住宅を諦めていた世帯にも強く訴求しているようです。出来るだけ安く注文住宅を建てたいと考えている方にとって大変魅力的ではないでしょうか。

価格の安い秀光ビルドですが、ローコスト住宅でマイホームを建てる以上は絶対に失敗・後悔はしたくないとお考えの方も多いと思います。このページでは「秀光ビルドでマイホームを新築するなら絶対に抑えておきたいポイント」を紹介したいと思います。

秀光ビルドの坪単価を商品ごとに調べました

秀光ビルド 商品 坪単価
本体価格:1146万円~
平均坪単価:40万円~50万円
秀光ビルドの上位グレードモデルで「光セラ外壁」「高断熱サッシ(サーモスⅡH)」「SKダンパー」「軽量瓦ルーガ」が標準装備されています。ある程度のカスタマイズが可能な自由設計モデルです。
本体価格:1006万円~
平均坪単価:35万円~45万円
秀光ビルドのスタンダードモデルで「親水コート外壁」「高断熱サッシ(サーモスL)」「鶴弥の陶器瓦」が標準装備されています。こちらもある程度のカスタマイズが可能な自由設計モデルです。
本体価格:1040万円~
平均坪単価:35万円~45万円
秀光ビルドの3階建て専用プランです。都市圏の狭小地でも対応可能な技術が採用されています。「親水コート外壁」「高断熱サッシ(サーモスL)」「耐力面材」「ガルバリウム鋼板の屋根材」が採用されています。
本体価格:1232万円~
平均坪単価:45万円~55万円
秀光ビルドの賃貸住宅専用のプランです。建築費用を抑える事で初期費用安く賃貸経営を始められるので、ローリスクな資産運用が可能です。

秀光ビルドは標準モデルで建てた場合の本体価格を公開しています。実際にその価格で新築するのは難しいのですが、ある程度の価格帯というのは掴み易いのではないでしょうか。尚、各商品の平均坪単価は上記価格帯がボリュームゾーンのようです。

秀光ビルドで一番おすすめなのは上位グレードにあたる【SHQ】です。制震技術「SKダンパー」が標準装備されていますし、外壁や屋根材などグレードの高いものが装備されています。特に秀光ビルドでマイホームを建てるなら、「SKダンパー」は必須レベルの装備なので、【SHQ】以外の商品を検討する際も必ずオプションでの採用を検討するようにして下さい。理由は後述しますが、これは最優先事項に考えて頂ければ幸いです。

秀光ビルドの平屋住宅は、坪単価や価格はどれぐらい!?

【秀光ビルドの平屋住宅】の坪単価
【SHQ平屋】平均坪単価:45万円~55万円
【UL平屋】平均坪単価:40万円~50万円
秀光ビルドでは【SHQ】及び【UL】で平屋住宅に対応しています。標準装備の設備等は上記2階建てモデルと同じですが、平屋住宅は延床面積が小さいので、2階建て住宅に比べると坪単価は割高になります。

秀光ビルドの平屋住宅と言えば、お笑い芸人のサンシャイン池崎さんの実家を建て直した事でも有名ですよね。バリアフリーを強く意識された間取り設計で、とても参考になるプランだと思います。

平屋住宅はある程度の広い土地が必要になりますが、もし土地に余裕があって、秀光ビルドで秀光ビルドで注文住宅を新築するなら、平屋住宅がオススメです。

というのも平屋住宅は坪単価こそ割高ですが、本体価格自体は2階建て住宅より安いのが一般的です。秀光ビルドでも当然そうなるので、初期費用を大きく抑える事が出来る。そして耐震性や耐久性などに正直不安のあるローコスト住宅で建てるなら、平屋住宅で建てる方が安全性が高いと考える事が出来るからです。平屋住宅は2階建て住宅に比べると地震に対する耐久性も高いですし、メンテナンス費用も足場をつくる必要がないので費用を抑える事が出来ます。

勿論、ライフスタイルや家族構成などによって状況は変わるとは思いますが、もし土地に余裕があるのなら、秀光ビルドの平屋住宅は検討すべきプランだと思います。

秀光ビルドの規格住宅は、坪単価や価格はどれくらい!?

秀光ビルド 規格住宅 坪単価
【SL】の坪単価
本体価格:907万円~
平均坪単価:30万円~40万円
100にも及ぶプラン数があり、施主の好みやライフスタイルに合わせて選ぶ事が出来ます。性能や仕様、設備機器のグレードは【UL】と同水準のまま、価格を抑える事が出来るプランです。

秀光ビルドは基本的には全ての商品が「規格住宅ベース」です。イチから設計していく注文住宅ではなく、予め用意された提案プランから好みのものを選択して家づくりを行って行きます。その上で間取りの変更などカスタマイズが可能なのが【UL】や【SHQ】などの自由設計モデル。【SL】は間取りの変更などは出来ませんが、その分価格を抑える事が出来ます。

秀光ビルドの住宅性能とアフターサービスを調べよう

住宅性能は住み心地に直結する部分ですし、ここをしっかりチェックしないと後から「失敗した…」と感じてしまう可能性があります。また保証やアフターサービスに関しても実際に住み始めてからの安心感が違います。秀光ビルドはどんな住宅性能でどれくらい手厚いアフターサービスを用意しているのか、この項目でチェックしたいと思います。

秀光ビルドの工法・構造について

木造軸組工法
秀光ビルドは日本伝統の在来工法(木造軸組工法)を採用しています。在来工法の弱点は接合部とされていますが、接合部に金物を採用し、強度を高めています。また通柱の接合部分に「ピン工法」を採用する事で構造躯体の強度を高めています。

秀光ビルドの耐震性能について

耐震性能:耐震等級1~2相当
秀光ビルドの公式ホームページ上では、残念ながら耐震等級に関する記載がありませんでした。直接ヒアリングしてみると、標準仕様は耐震等級1が基本で、制震「SKダンパー」を採用する事で耐震等級2相当の耐震性を確保する事が出来るそうです。在来工法の筋交い部分に「SKダンパー」を採用する事で、地震の揺れの力を吸収し、熱エネルギーに変換し放出する仕組みです。この「SKダンパー」は【SHQ】では標準装備されていますが、【UL】などのプランでは装備されていません。家族を地震から守る為にも、秀光ビルドで新築される場合は「SKダンパー」の採用は最優先で検討するようにしましょう。

秀光ビルドの断熱性能について

断熱材:発泡ウレタン吹付断熱
秀光ビルドでは、どの商品を選んでも発泡ウレタン吹付断熱を採用しています。壁や柱の隙間などにも施工する事が出来るので、高い断熱性や気密性に期待する事が出来ます。断熱材の厚みは壁に80㎜、屋根に90㎜と少し物足りないので、出来れば断熱材の増量は検討すべき項目でしょう。特に屋根断熱はもう少し厚みがあった方が良いと思います。尚、窓断熱は商品によって差はありますが、LIXIL制の「サーモスシリーズ」が採用されています。特に【SHQ】ではかなりグレードの高い高断熱サッシが採用されている点はプラス評価です。

秀光ビルドのUA値・C値
断熱性能:表記なし
気密性能:表記なし

秀光ビルドでは公式ホームページ上でUA値やC値の数値は公開されていません。これに関しても直接ヒアリングを行ったところ「一棟一棟で数値が異なるので公表出来ない」とお茶を濁されてしまいました。自信があれば公表すると思うので、現時点では自信が無いと受け取って良いと思います。同価格帯の競合他社でUA値とC値を公開している会社はあるので、この点はマイナス評価と考えざるを得ない部分です。

秀光ビルドの保証・アフターサービスについて

保証延長制度:最長30年
保証延長条件:30年プランに追加費用で加入
秀光ビルドの初期保証は10年間、これは構造躯体の重要箇所としろあり保証です。保証延長制度に関しては最長で30年目迄延長が可能で、先に「最長30年保証プラン」に加入する事で延長可能になります。30年延長プランへの加入には平米数で費用が異なり、「100平米以下」の場合は「47,630円」で加入する事が出来ます。但し、無料点検を行いい不具合が見つかった場合には別途補修費用が必要になるので注意が必要です。尚、しろあり保証の延長も行う場合は更に「4万円」の延長費用が発生します。有料の保証プランへの加入が必要とは言え、ローコスト住宅メーカーの保証制度としては充実している方ではないでしょうか。

尚、秀光ビルドでは住宅設備に関しても保証サービスを受ける事が出来ます。こちらは秀光ビルドが指定する火災保険に加入する必要がありますが、壊れやすい「システムキッチン」や「給湯器」などの住宅設備が保証対象になります。最長40年まで保証延長が可能なようで、これは競合他社にはない強みです。こういった企業努力が年々着工数が伸びている要因かもしれませんね。

秀光ビルドで失敗しない為に口コミや評判を調べよう

秀光ビルドで実際にマイホームを建てた人の「失敗談」や「成功段」はとても参考になるものです。「失敗・後悔」している人の意見を反面教師にして、同じ失敗をしないように気を付ける事が出来ますし、逆に「成功・満足」している人の意見や経験談を真似してみると理想のマイホームに一歩近付く事が出来るでしょう。

特にマイホームは一生に一度の大きな買い物ですし、先人達の経験談ほど役に立つものはありません。この項目では秀光ビルドで実際に「失敗・後悔」した人の口コミと「成功・満足」している人の口コミをまとめたいと思います。

秀光ビルドで失敗・後悔した人の口コミや評判

ここでは実際に秀光ビルドで新築した施主さんが「ここ失敗したな‥」「後悔している仕様」といった建物に関する評判と、ローコスト住宅メーカーである秀光ビルドと契約したことにさえ失敗・後悔していると感じている人達の具体例を紹介します。

一般的にツイッターやブログ、掲示板などに書かれている不満や愚痴などをまとめています。秀光ビルドで検討されている人は、先人たちの失敗談を反面教師にして進めると、失敗ポイントを大きく減らせるのではないかと思います。

失敗した人
失敗した人
SHQで建てましたが、もしやり直せるなら断熱材の増量をすべきでした。これは本当に失敗。これから建てる人は断熱は絶対強化しといた方が良いと思います
失敗した人
失敗した人
震度4の地震でも家が結構揺れたので不安に感じています。SKダンパーの費用だけはケチってはダメだと実感しました。秀光ビルドの家はSKダンパーの費用もセットで考えるべきです
失敗した人
失敗した人
安さに惹かれて秀光ビルドさんにお願いしましたが、施工現場が結構荒れていて外国人労働者の方も多かったですね。出来上がった家も安っぽい建売住宅って感じです。価格が価格なので高望みしない方が良いのかもしれません

秀光ビルドで不満の声を挙げる方の多くが、耐震性や断熱性など住宅性能に関して不安を感じている方が多いようです。価格の安いローコスト住宅なので、お世辞にも優れた断熱仕様を採用している訳ではありませんし、耐震性もSKダンパーを採用してやっと及第点レベルです。デザイン性や品質に関しても安っぽさを感じてしまうのは価格相応に仕方ない部分だとは思います。もしこれから秀光ビルドで新築を考えているなら、「断熱仕様のグレードアップ」と「SKダンパーの採用」が最優先で検討するようにしましょう。

秀光ビルドで失敗・後悔してる人まとめ

・標準仕様の断熱性能は少し物足りない
・耐震性能に不安を感じている
・品質が安っぽい

秀光ビルドで成功・満足している人の口コミや評判

失敗や後悔の念を抱いている人がいる一方、当然ながら「秀光ビルドを選んで良かった!」「秀光ビルドのここが好きなポイント」といった好評判な口コミや書きコミなども予め知っておくと、いざ実際に自分が建てる時にみんなに評判の良いポイントを積極的に取り入れられたり、秀光ビルドの強みが理解できます。マイホームは高額なので実際に契約した後は色々不安になって調べちゃったりして余計不安になったりするものです。良い評判もちゃんと聞きいれることによって精神衛生上も楽になります。

成功した人
成功した人
文春砲があって、色々変わったみたい。今は外部機関がちゃんと検査してくれるし、工事の様子も写真で見れる。耐震性もSKダンパー付ければ安心かな
成功した人
成功した人
家は消耗品と考えていますから、30年で建て替え前提なら秀光ビルドは費用対効果が高いと思います。子供が独立したら、次は平屋住宅を建てるつもりですよ
成功した人
成功した人
値段の割には頑張ってると思います。瓦屋根や高性能なサッシも付いてるし、外壁も光セラなので掃除しなくて良いし、値段以上の価値を感じています

秀光ビルドで成功・満足している人の口コミや評判を調べると、「価格の安さ」「コスパの良さ」を挙げる人が多かったです。特に「家は消耗品」と考えて秀光ビルドで新築した人の口コミは「なるほど」と感じました。確かに高級注文住宅で3000万も4000万円も掛けて60年保たせるなら、30年で建て替え前提で1500万円以下で安く済ませると言うのも一つの手かもしれません(地球環境的には優しくはないですが)。こういう考え方は「新築信仰」の多い日本人ならではの考え方かもしれませんね。

秀光ビルドで成功・満足している人まとめ

・第三者機関の点検制度で安心
・値段の割にコスパ優秀

それぞれ、秀光ビルドで新築して「失敗・後悔」している人の意見と、逆に秀光ビルドで新築して「成功・満足」している人の意見をまとめると、秀光ビルドでマイホームを建てる際に失敗しない為に気を付ける事として以下の点が見えて来ます。

秀光ビルドで失敗・後悔しない為のポイント
・標準仕様のままでは耐震性能が低すぎる。制震ダンパーの採用や構造上の強化を検討しよう
・標準仕様のままでは断熱性能も頼りない。特に屋根断熱のグレードアップは優先的に検討しよう
・予算に余裕があるなら、上位グレードの【SHQ】を選んでおいた方が無難

特に秀光ビルドで「失敗・後悔」しない為に重要なのは「競合他社としっかり比較しておく」事です。

もしあなたが「本命は秀光ビルド」と心に決めていたとしても、必ず競合メーカーとの比較は行うようにしましょう。それが秀光ビルドで失敗しない為に一番重要な事です。

例えば秀光ビルドとほぼ同じ仕様、同じ住宅性能、同じような間取りやデザインの家を他社で500万円安く建てられると知ったら…きっと後悔されますよね。500万円の差なんて有り得ない…なんて思ったら大間違い。注文住宅業界ではこの位の「差」が出るのは当たり前の光景なのです。

つまり、例え本命のハウスメーカーや工務店が心に決まっていたとしても、全く比較検討を行わずに1社だけで商談を進めてしまう事は数百万円の損に成りかねません。

では、秀光ビルドはどのハウスメーカーを競合に据えるべきなのでしょうか。

秀光ビルドと比較したいハウスメーカーを調べよう

この項目では秀光ビルドと比較すべきハウスメーカーを紹介します。カタログ請求するなら一緒に下記のハウスメーカーのカタログも貰っておくのが効率的です。基本的には秀光ビルドと競合し易い「同価格帯」のハウスメーカーをピックアップしますが、工法や構造、または特徴が似ている場合もピックアップします。※お住まいの地域によってはカタログ請求出来ない場合もありますので予めご了承ください。

■アイダ設計
ローコスト住宅 アイダ設計平均坪単価:30万円~40万円
工法:木造軸組工法
営業エリア:全国
主力商品の「ブラーボスタンダード」で契約した7割以上の人が本体価格1500万円以下で新築しています。秀光ビルドとは価格帯的にも競合するので是非検討に加えたいところです。近年は住宅性能を重視した家づくりにシフトしています。
■飯田産業
ローコスト住宅 飯田産業平均坪単価:30万円~45万円
工法:木造軸組工法
営業エリア:全国
年間着工数4万棟を超える日本一のパワービルダーです。年間着工数のスケールメリットを活かした住宅資材や住宅設備の一斉製造で大幅なコストダウンを図っていますし、全棟で耐震等級3(最高等級)をクリアしているのも強調材料ですね。
■エースホーム
ローコスト住宅 エースホーム平均坪単価:40万円~50万円
工法:木造軸組工法
営業エリア:全国
LIXIL製の住宅設備と若い世代に訴求するデザイン性の高さが魅力のエースホームも比較候補に加えたいところです。全棟で耐震等級3、高気密高断熱住宅にも力を入れてるので、価格は少し上になりますが満足度は高まるかもしれません。
■ゼロキューブ
ローコスト住宅 ゼロキューブ平均坪単価:35万円~45万円
工法:木造2×4工法
営業エリア:全国
箱型シンプルデザインが印象的なゼロキューブも比較候補に加えましょう。「私達にちょうど良い家」をキャッチコピーに全国160以上の加盟店があります。ガルバリウム鋼板の外壁と箱型の外観デザインは都会的な印象を与えてくれます。
LIFULL HOME’Sで一緒にカタログ請求して、まずは比較してみよう!

実際に秀光ビルドのカタログを取り寄せてみよう

ローコスト住宅 カタログ請求

次は実際に秀光ビルドと複数の競合メーカーのカタログを請求する為の簡単な手順を紹介します。

直接、総合住宅展示場へ行こうと思うと丸1日は予定が潰れてしまいますし、何度も個人情報の記入を求められてしまいます。しかも営業マンに取り囲まれて営業トークの洗礼を受けてしまう訳ですから…何の知識も無いまま住宅展示場へ行ってしまうのはオススメしません。

まずはネットで簡単手続き出来る「カタログ一括請求サービス」を利用する事をオススメします。

当サイトが一番おすすめしたいのがテレビCMでお馴染みの「ライフルホームズ」のカタログ一括請求サービスを利用する事。大手不動産サイトなので安心出来ますし、手順がとても簡単です。

まとめてカタログを一括請求するので、必要事項の記入もカタログの郵送先情報を一度だけ入力するだけ。後は複数のハウスメーカーからカタログが宅急便やメール便で送られて来るだけなのでとても簡単です。

ローコスト住宅カタログ

ローコスト住宅「カタログ一括請求」のすすめ

そしてもう一つ。ハウスメーカー以外にも「地元の優良な工務店」も必ず候補に含めるようにしましょう。これをやっておくだけで「数百万円の差」が出るケースもあります。下記にその理由と地元の優良な工務店を探す方法をまとめたので、是非ご一読下さい!!

CHECK POINT
マイホーム計画を進める上で「地元の優良な工務店」を候補に含める事はとても重要です。これを怠ってしまうと「数百万円単位の損」をしてしまう可能性もあります。詳しくは下記の「最も賢くお得にマイホームを建てる方法を教えます」をチェックしましょう。
ローコスト住宅最も賢くお得に家を建てる方法

最も賢くお得にマイホームを建てる方法を教えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。