ヤマダホームズで失敗・後悔しない為のコツ

ローコスト住宅ヤマダホーム

ヤマダホームズは家電量販店のヤマダ電機グループが手掛ける注文住宅ブランドです。高級注文住宅から坪単価50万円以下のローコスト住宅まで、幅広い商品構成を展開しています。

元々は「エスバイエル(S×L)」の名前で高級注文住宅を手掛けていましたが、現在はヤマダホームズ傘下になった事で、家電や家具がセットになった「スーパーフル装備」のオプションや太陽光発電やオール電化を組み合わせたスマートハウスの販売などに力を入れています。

ヤマダホームズは価格帯に合わせて3段階のグレードに分けた商品展開を行っています。富裕層向き、中間層向き、ローコスト向きで商品を用意しているので、全ての顧客層に対応しています。一番価格の安いローコスト向きの「ベーシック」は間取りや設備に制限こそありますが、かつては「エスバイエルホーム」で高級注文住宅を手掛けてきた施工技術やノウハウを活かしたマイホームなので、上質な住まいをリーズナブルに購入する事が出来るのは大きなメリットですね。

特に注目なのが家具や家電、ルームエアコンやLED照明、カーテンに至るまで全てコミコミ価格で購入する事が出来る「スーパーフル装備」のオプションです。これはヤマダ電機の店舗へ直接行って対象品の中から好きなものを選ぶ事が出来るのも好評の理由でしょう。これはヤマダグループだからこそ出来る強みですね。これらの家具家電を全て新品で揃えようと思うと数百万円単位の費用が掛かりますから、大分お得に揃えられるのではないでしょうか。

スーパーフル装備がお得なヤマダホームズですが、ローコスト住宅でマイホームを建てる以上は絶対に失敗・後悔はしたくないとお考えの方も多いと思います。このページでは「ヤマダホームズでマイホームを新築するなら絶対に抑えておきたいポイント」を紹介したいと思います。

ヤマダホームズの会社規模と施工可能なエリア

ローコスト住宅を選ぶ際に、会社の規模感は重要な項目です。一生に一度の買い物ですから、なるべく安心出来る会社に依頼したいですよね。

ヤマダホームズの親会社は家電量販店でお馴染みのヤマダ電機です。ヤマダ電機グループは現在、家電だけではなく家具から注文住宅事業まで、住まいに関するトータルコーディネイト事業に力を入れています。住まいに関する多くの企業を傘下に抑める事で、未来志向の住まいの在り方を提案してくれています。会社の規模としては大きいですし、安心して依頼する事の出来る会社の1つではないでしょうか。

ヤマダホームズの会社概要

会社名 株式会社ヤマダホームズ
本社所在地 群馬県高崎市栄町1-1
設立 1951年
代表者 松本英樹
従業員数 2316名
資本金 1億円
着工数 年間1736棟

ヤマダホームズで施工可能なエリア


北海道・東北:北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県


関東:東京都/神奈川県/埼玉県/千葉県/茨城県/栃木県/群馬県


北陸・甲信越:新潟県/石川県/山梨県/長野県


東海:愛知県/岐阜県/静岡県/三重県


近畿:大阪府/京都府/兵庫県/奈良県/滋賀県/和歌山県


中国:岡山県/広島県


四国:徳島県/香川県/愛媛県/高知県


九州:福岡県/熊本県/宮崎県


ヤマダホームズは全国各地に営業所を展開していますが、対応していないエリアも存在します。ヤマダホームズに興味がある方は新築予定のエリアが該当しているか事前に確認を行うようにしましょう。ローコスト住宅~ミドルクラス~ハイクラスまで多様な提案プランは必見です。近隣の県境エリアの場合、対応している可能性もあるので、事前に確認を行うようにしましょう。

ヤマダホームズの坪単価を商品ごとに調べました

ヤマダホームズ 商品 坪単価
ハイクラス
平均坪単価:75万円~90万円
企業建築科による造形美、個性美、機能美を追求したデザイン邸宅で、完全オーダーメイドの高級注文住宅モデルです。価格も高級ですが、品質も高級。高級住宅街に馴染む洗練された佇まいは魅力的です。
平均坪単価:65万円~75万円
「災害への強さ」「長寿命住宅」「快適性」を重視したモデル。エスバイエル時代に培った技術を結集した完全自由設計の注文住宅です。
平均坪単価:65万円~75万円
エスバイエルの技術はそのままに、2×6工法を採用し6面体で支えるモノコック構造を採用した高気密高断熱住宅。2×6工法は壁の厚みが1.6倍でその分断熱材を分厚く施工する事が出来ます。
平均坪単価:55万円~65万円
ヤマダホームズの主力商品となる自由設計の注文住宅モデル。省エネ性を重視した高気密高断熱住宅で、国産の檜材を柱と土台など重要箇所に採用しています。
プレミアム
平均坪単価:55万円~60万円
自由設計の注文住宅モデルに「スーパーフル装備」をパッケージングした商品です。家電・家具に加えて全居室エアコンにカーテン、照明まで全てコミコミ価格。その分を差し引いて考えれば相当お得に感じるのではないでしょうか。
平均坪単価:50万円~60万円
都市圏の狭小地向き3階建てプランです。空間を最大限活かした提案で、多目的ガレージやアウトリビングなど「ゆとり」をプラスした間取り設計が可能となります。
平均坪単価:50万円~60万円
2020年にレオハウスと提携した事による記念モデルです。「災害への強さ」「ウィルスへの強さ」「豪華な住宅設備」がパッケージングされているので、少しお得な商品になります。
平均坪単価:45万円~55万円
「吹付断熱」や「耐力面材」など、災害への強さと断熱性を重視したコスパ重視モデル。価格を抑えながらも品質を確保しているので、設計の自由度と価格の安さを求める方向きのモデルとなります。

ヤマダホームズでは「ハイクラス」「プレミアム」「ベーシック」と価格帯で3段階にクラス分けがされており、坪単価50万円前後で狙うなら「プレミアム」か「ベーシック」の商品になります。【スーパーフル装備住宅】は少し価格帯的に上になりますが、パッケージングされた家電や家具分を差し引きで考えれば他の商品よりお得に感じる事でしょう。尚、「ベーシック」は規格住宅商品になります。

ヤマダホームズの規格住宅は、坪単価や価格はどれくらい!?

ベーシック
【ウッドセレクション】の坪単価
平均坪単価:40万円~50万円
ヤマダホームズの規格住宅モデルで基本の54プランから選択する事が出来ます。設計の自由度こそありませんが、住宅性能や設備のクオリティを維持しながらも低価格に抑える事が出来るコスパ優秀な商品です。

ヤマダホームズで一番コスパ優秀に感じる事が出来る商品が規格住宅型の【ウッドセレクション】です。注文住宅タイプのような設計やデザインの自由度こそありませんが、エスバイエル時代から培った技術やノウハウを活かした住まいを低価格で購入出来るのは魅力的です。ヤマダホームズでは54にも及ぶプランを用意しているので、好みのタイプを見つける事が出来るでしょう。

尚、ウッドセレクションは諸費用を含んだ価格帯で提供しているそうなので、明朗会計で予算計画も立て易いと思います。

ヤマダホームズの平屋住宅は、坪単価や価格はどれぐらい!?

ヤマダホームズ 平屋住宅 坪単価
【フェリディア平屋】の坪単価
平均坪単価:65万円~75万円
完全自由設計のハイブランド商品の平屋住宅専門のモデルです。高級感のある佇まいや重厚感のある内装など、エスバイエル時代から培った技術が凝縮されています。大手ハウスメーカーにも負けないハイクオリティな住まいを感じる事が出来るでしょう。
【ウッドセレクション平屋】の坪単価
平均坪単価:45万円~55万円
こちらは規格住宅タイプの平屋住宅モデル。2LDK~4LDKまで土地の広さやライフスタイルに合わせて、様々な提案プランが用意されています。設計自由度こそありませんが、動線が考慮されているので安心して暮らす事が出来るでしょう。

平屋住宅は階段の昇り降りが必要ないので、土地に余裕のある方や家族の人数が少ない方にとっては理想的なプランだと言えます。事実、子供が独立してから2階には殆ど行かないという夫婦の方も多いですし、それなら初めから平屋建て住宅を建てた方が合理的。

平屋住宅は屋根や外壁のメンテナンス時に足場を組む必要がないのでライフサイクルコストを安く抑える事が出来ますし、バリアフリー住宅として考えるなら平屋住宅が一番です。老後もずっと住み続ける「終の住処」として考えるなら検討してみては如何でしょうか。尚、平屋住宅は一般的な二階建て住宅に比べて延床面積が少ない分、坪単価は少し割高になります。

CHECK POINT
失敗した人
人生で一番大きなの買い物なのに…数百万円分も損をしてしまいました

「ローコスト住宅」と言えども、マイホームは数千万円単位の買い物です。

人生で一番大きな買い物なので、絶対失敗したくないとお考えの方も多い筈なのに…失敗の報告は後を絶ちません。

想像してみて下さい。

ほぼ同じ仕様や住宅性能の家が他社では数百万円も安かった事を後から知ったら…後悔しませんか?

これは決して大袈裟な話ではなく、他社と数百万円の差額が出るのは注文住宅業界ではむしろ当たり前の話なのです。

他社の方が数百万円安く出来る事を知らずにそのまま契約してしまったら…もう目も当てられませんよね。

このような失敗を防ぐ為に、最も効果的な方法としてお勧めしたいのは「他社としっかり比較を行う」事です。

ほんのひと手間、「複数のハウスメーカーのカタログを取り寄せて、比較・相見積もりを取る」だけで数百万円分のリスクを抑える事が可能です。

数百万円あれば家具だって全て新調出来ますし、素敵な外構だって実現出来ます。やらなければ勿体ない話だと思いませんか?

既に本命のハウスメーカーが決まっている方も、全く何も決めていない方も、まずは無料カタログを複数ゲットして、住宅メーカーにとっての競合相手を作っておく事が最も賢い立ち回りと言えます。

※既に住宅展示場やモデルハウスに足を運んでしまった方でも本契約前なら、まだ数百万円分もお得になる可能性は十分あります!!

本命のハウスメーカーから最大限お得に契約する為には、手順として一括カタログ請求で見積もり競合させるのが一番効果的!!最終的には他社の見積書が交渉カードの切り札になって来ます。なるべく早めに複数のハウスメーカーからカタログのお取り寄せをしておきましょう!!

↓今からでも遅くはないです!!まずはカタログ取り寄せから始めましょう↓

ヤマダホームズの住宅性能とアフターサービスを調べよう

住宅性能は住み心地に直結する部分ですし、ここをしっかりチェックしないと後から「失敗した…」と感じてしまう可能性があります。また保証やアフターサービスに関しても実際に住み始めてからの安心感が違います。ヤマダホームズはどんな住宅性能でどれくらい手厚いアフターサービスを用意しているのか、この項目でチェックしたいと思います。

ヤマダホームズの工法・構造について

木造軸組工法+木質パネル
木造2×6工法
ヤマダホームズは【フェリディア2×6】を除いて、日本伝統の在来工法(木造軸組工法)と木質パネルを組み合わせた工法を採用しています。主力商品の【フェリディア】では住宅性能表示制度の6項目で最高等級をクリアしており、住宅性能を重視した家づくりを行っているので、安心感がありますよね。

ヤマダホームズの耐震性能について

耐震等級3相当
ヤマダホームズは2階建て以下の商品は、どの商品を選んでも「耐震等級3(最高等級)」の取得が可能です。但し3階建てのモデルに関しては取得出来ないケースもあるので注意が必要です。ヤマダホームズでは在来工法の弱点とされる接合部に「ティンバーメタル工法」が採用されており、しっかりと強化されていますし、耐力面材を適材適所に配置する事で建物の強度を増しています。柱や土台の重要箇所に檜材が採用されている点も建物の強度を高めるのに一役買っています。

ヤマダホームズの断熱性能について

断熱材:高性能グラスウールor吹付断熱
ヤマダホームズでは標準仕様で隙間無く施工出来る硬質ウレタンフォームの「吹付断熱」が採用されていますが、高性能グラウスールを選択する事も可能です。窓断熱に関しては商品のグレードによって差異がありますが、オプションで強化可能なので、断熱性を重視する方は樹脂サッシを検討する事をオススメします。

ヤマダホームズのUA値・C値
断熱性能:UA値0.87相当
気密性能:表記なし

UA値に関しては明確な表示はありませんが、次世代省エネ基準に対応とありますので、最低でも「UA値0.87以上」はあると考えて良いでしょう。気密性に関しては記載が無いので、気になる方は事前にヒアリングされる事を推奨します。

ヤマダホームズの保証・アフターサービスについて

保証延長制度:最長60年
保証延長条件:10年目以降10年毎の有償補修
ヤマダホームズの初期保証は10年間、法律で定められた最低限の義務期間となりますが、保証延長制度は長く60年迄延長可能です。尚、保証期間延長の条件は10年毎の有償補修工事(防蟻のみ5年毎)で、無料定期点検は保証延長期間が続く限り継続される形となります。ヤマダホームズは価格帯によって商品グレードを設けていますが、低価格帯の商品でも同じ待遇の保証とアフターサービスを受けられる点は高評価ポイントでしょう。

CHECK POINT
ヤマダホームズはローコスト住宅ランキング12位!!
坪単価50万円以下のローコスト住宅メーカーを「耐震性」「断熱性」「保証」の3項目で比較、ランキング方式で紹介しています。下記特集ページで競合他社も一緒にチェックしてみましょう。
ローコスト住宅ランキング

【最高かよ!】ローコスト住宅メーカーランキング【厳選20選】

ヤマダホームズで失敗しない為に口コミや評判を調べよう

ヤマダホームズで実際にマイホームを建てた人の「失敗談」や「成功段」はとても参考になるものです。「失敗・後悔」している人の意見を反面教師にして、同じ失敗をしないように気を付ける事が出来ますし、逆に「成功・満足」している人の意見や経験談を真似してみると理想のマイホームに一歩近付く事が出来るでしょう。

特にマイホームは一生に一度の大きな買い物ですし、先人達の経験談ほど役に立つものはありません。この項目ではヤマダホームズで実際に「失敗・後悔」した人の口コミと「成功・満足」している人の口コミをまとめたいと思います。

ヤマダホームズで失敗・後悔した人の口コミ

ここでは実際にヤマダホームズで新築した施主さんが「ここ失敗したな‥」「後悔している仕様」といった建物に関する評判と、ローコスト住宅メーカーであるヤマダホームズと契約したことにさえ失敗・後悔していると感じている人達の具体例を紹介します。

一般的にツイッターやブログ、掲示板などに書かれている不満や愚痴などをまとめています。ヤマダホームズで検討されている人は、先人たちの失敗談を反面教師にして進めると、失敗ポイントを大きく減らせるのではないかと思います。

失敗した人
とにかく営業マンのレベルが低かった。担当を変えて貰っても変わらないレベルの営業マンが出て来た時は参ったよ。家は断熱性がイマイチで結露も気になる。安いモデルだとこんなモノかもしれないけど
失敗した人
下請け業者の仕事が雑で、外国人労働者が多くて、会話も通じなかった。案の定、引き渡しの時に不具合が多くて何度もやり直しになりました
失敗した人
ヤマダホームズで家を建てたと話すと皆に大丈夫?と心配されます。電機屋さんのイメージが強いんでしょうね。ブランド力は皆無だと思います

元々は高級注文住宅を手掛けていたエスバイエルが前身ですから、施工技術や経験ノウハウなどは信頼感があるとは思います。但し、家電量販店のヤマダ電機が中核のヤマダグループの企業になるので、どうしても「家電量販店のつくる家」というイメージが付いてしまうのは仕方のない部分かもしれません。また営業マンの評判が悪い点もネット上で多く見受けられました。実際に住宅性能の事を聞く為に直接ヒアリングしても、答えられないスタッフが多かったので、営業マンやスタッフの教育が間に合っていない印象も受けます。

ヤマダホームズで失敗・後悔してる人まとめ

・ブランド力が低く営業マンのレベルも低い
・断熱性能はイマイチで結露が気になる
・現場施工が雑な場合がある

ヤマダホームズで成功・満足している人の口コミや評判

失敗や後悔の念を抱いている人がいる一方、当然ながら「ヤマダホームズを選んで良かった!」「ヤマダホームズのここが好きなポイント」といった好評判な口コミや書きコミなども予め知っておくと、いざ実際に自分が建てる時にみんなに評判の良いポイントを積極的に取り入れられたり、ヤマダホームズの強みが理解できます。マイホームは高額なので実際に契約した後は色々不安になって調べちゃったりして余計不安になったりするものです。良い評判もちゃんと聞きいれることによって精神衛生上も楽になります。

成功した人
最初は家電量販店が家なんかつくれるのかと高を括っていたが、とても立派な家が出来上がって驚いている。吹き抜けのあるリビングは大手と変わらぬ出来栄えだった
成功した人
間取りを1カ所変更する度に50万円以上の費用が掛かります。安いモデルを選ぶなら間取りの変更をしないのが一番賢い買い方かも。家の性能もそこそこ良いし満足はしてます
成功した人
家具や家電を一式揃える金額やカーテンの設置価格も考えるとフル装備の家は本当にコスパ優秀ですよ。他に費用が掛からないので住宅ローンも組み易かったですね

ヤマダホームズでマイホームを新築して「成功した」「満足した」と感じている方の多くは「スーパーフル装備」のコスパ優秀な点や、内装のデザイン性などを挙げる人が多かったです。ヤマダホームズは上位グレード商品で「高級志向」なデザインも手掛けているので、そのノウハウを活かし易いのでしょう。吹き抜け空間や中庭など、趣向を凝らした間取り設計を低価格帯の商品でも実現する事が出来ます。スーパーフル装備の家に関しては、家具や家電を新調する事を考えればかなりお得な価格設定となっているので、コストパフォーマンスに優れていると思います。

ヤマダホームズで成功・満足している人まとめ

・内装のデザイン性が優れている
・住宅性能もそこそこ良くて満足している
・スーパーフル装備の家がお得

それぞれ、ヤマダホームズで新築して「失敗・後悔」している人の意見と、逆にヤマダホームズで新築して「成功・満足」している人の意見をまとめると、ヤマダホームズでマイホームを建てる際に失敗しない為に気を付ける事として以下の点が見えて来ます。

ヤマダホームズで失敗・後悔しない為のポイント
・営業マンとの相性が悪ければ早めに交代してもらう
・予算が許すなら断熱材や窓断熱のオプション採用を検討する
・施工現場にはマメに足を運び、不備が無いか細かくチェックする。

特にヤマダホームズで「失敗・後悔」しない為に重要なのは「競合他社としっかり比較しておく」事です。

もしあなたが「本命はヤマダホームズ」と心に決めていたとしても、必ず競合メーカーとの比較は行うようにしましょう。それがヤマダホームズで失敗しない為に一番重要な事です。

例えばヤマダホームズとほぼ同じ仕様、同じ住宅性能、同じような間取りやデザインの家を他社で500万円安く建てられると知ったら…きっと後悔されますよね。500万円の差なんて有り得ない…なんて思ったら大間違い。注文住宅業界ではこの位の「差」が出るのは当たり前の光景なのです。

つまり、例え本命のハウスメーカーや工務店が心に決まっていたとしても、全く比較検討を行わずに1社だけで商談を進めてしまう事は数百万円の損に成りかねません。

CHECK POINT
失敗した人
夢のマイホームなのに…失敗してしまいました(涙)

夢にまで見たマイホーム。

一生に一度の大きな買い物、人生における一大イベントです。

それなのに失敗してる人が後を絶たない理由を調べてみると、「比較する事」を怠っているのが原因の方が多い傾向にあります。

ただ「安い」というだけでマイホームを決めてしまっては100%あなたのマイホーム計画は失敗してしまいます。

例えばもし、自動車を買う場合…「燃費」や「安全性能」などを調べたりはしませんか?

家を購入するのもそれと同じです。

自動車にとっての「燃費」は家にとっての「断熱性・省エネ性」であり、自動車にとっての「安全性能」は家にとっての「耐震性・耐火性」です。

家は最初に安く購入したといってもそれで終わりではありません。

月々の支払い以外にも、光熱費やメンテナンス費用が掛かる家では、トータルで高い買い物となってしまう可能性があります。

ローコスト住宅で絶対失敗したくない人は、必ずカタログのお取り寄せをして、複数の候補と「価格」「性能」「設備」を比較して下さい。

それだけでもあなたのマイホーム計画が失敗する確率を大幅に減らす事が可能です。

↓そのひと手間で失敗する確率を大幅に抑えられます!!↓

では、ヤマダホームズはどのハウスメーカーを競合に据えるべきなのでしょうか。

ヤマダホームズと比較したいハウスメーカーを調べよう

この項目ではヤマダホームズと比較すべきハウスメーカーを紹介します。カタログ請求するなら一緒に下記のハウスメーカーのカタログも貰っておくのが効率的です。基本的にはヤマダホームズと競合し易い「同価格帯」のハウスメーカーをピックアップしますが、工法や構造、または特徴が似ている場合もピックアップします。※お住まいの地域によってはカタログ請求出来ない場合もありますので予めご了承ください。

■富士住建
ローコスト住宅 富士住建平均坪単価:45万円~60万円
工法:木造軸組工法、木造2×4工法
営業エリア:関東
関東エリア在住の方なら比較候補に入れておきたいのが「完全フル装備の家」で有名な富士住建です。他社では高額オプションとなるような様々な住宅設備が全てコミコミ価格。ヤマダホームズの「スーパーフル装備」以上のコスパ優秀なパッケージングをしているので是非チェックしてみて下さい。
■泉北ホーム
ローコスト住宅 泉北ホーム平均坪単価:45万円~60万円
工法:木造2×4工法
営業エリア:近畿圏
近畿圏在住の方は泉北ホームもオススメです。大阪府下では11年連続施工数1位の実績があり、他社ではオプション扱いの豪華設備が標準装備。一番価格の安いスマイルパッケージなら税込で1555万円から購入可能と破格の価格設定です。住宅性能も優秀なので、かなりコスパ優秀に感じられると思います。
■タマホーム
ローコスト住宅 タマホーム平均坪単価:40万円~50万円
工法:木造軸組工法
営業エリア:全国
ヤマダホームズの「プレミアム」「ベーシック」の商品と比較するなら、ローコスト住宅代表格のタマホームは外せないところです。主力商品の大安心の家は標準仕様で長期優良住宅に対応するなど、ローコスト住宅とは思えないような「総合力の高い家」を提供しています。比較候補の筆頭だと思います。
■ユニバーサルホーム
ローコスト住宅 ユニバーサルホーム平均坪単価:50万円~65万円
工法:木造軸組工法
営業エリア:全国
価格帯的に「プレミアム」の商品と比較するならユニバーサルホームもオススメです。「地熱床システム」で1階部分は全面床暖房が完備。更にモデルハウス仕様の豪華設備を標準装備としていて、ヘーベルハウスの「比類なき壁」で有名なALCコンクリート外壁が標準仕様です。
LIFULL HOME’Sで一緒にカタログ請求して、まずは比較してみよう!

実際にヤマダホームズのカタログを取り寄せてみよう

ローコスト住宅 カタログ請求

次は実際にヤマダホームズと複数の競合メーカーのカタログを請求する為の簡単な手順を紹介します。

直接、総合住宅展示場へ行こうと思うと丸1日は予定が潰れてしまいますし、何度も個人情報の記入を求められてしまいます。しかも営業マンに取り囲まれて営業トークの洗礼を受けてしまう訳ですから…何の知識も無いまま住宅展示場へ行ってしまうのはオススメしません。

まずはネットで簡単手続き出来る「カタログ一括請求サービス」を利用する事をオススメします。

当サイトが一番おすすめしたいのがテレビCMでお馴染みの「ライフルホームズ」のカタログ一括請求サービスを利用する事。大手不動産サイトなので安心出来ますし、手順がとても簡単です。

まとめてカタログを一括請求するので、必要事項の記入もカタログの郵送先情報を一度だけ入力するだけ。後は複数のハウスメーカーからカタログが宅急便やメール便で送られて来るだけなのでとても簡単です。

ローコスト住宅カタログ

ローコスト住宅「カタログ一括請求」のすすめ

そしてもう一つ。ハウスメーカー以外にも「地元の優良な工務店」も必ず候補に含めるようにしましょう。これをやっておくだけで「数百万円の差」が出るケースもあります。下記にその理由と地元の優良な工務店を探す方法をまとめたので、是非ご一読下さい!!

CHECK POINT
マイホーム計画を進める上で「地元の優良な工務店」を候補に含める事はとても重要です。これを怠ってしまうと「数百万円単位の損」をしてしまう可能性もあります。詳しくは下記の「最も賢くお得にマイホームを建てる方法を教えます」をチェックしましょう。
ローコスト住宅最も賢くお得に家を建てる方法

最も賢くお得にマイホームを建てる方法を教えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。